吉田正を上回る高打率男、抜群安定感の鷹助っ人右腕 セイバー指標で選ぶパ月間MVP

楽天・岡島豪郎【写真:荒川祐史】
楽天・岡島豪郎【写真:荒川祐史】

打線好調だったオリックス、西武は先発投手陣が奮闘した

 混戦模様のパ・リーグで活躍した選手をデータで探り出し、5月の「月間MVP」をセイバーメトリクスの指標で選出してみる。選出基準は打者の場合、得点圏打率や猛打賞回数なども加味されるが、基本はNPB公式記録が用いられる。ただ、打点や勝利数といった公式記録はセイバーメトリクスでは個人の能力を如実に反映する指標と扱わない。そのため、セイバーメトリクス的にどれだけ個人の選手がチームに貢献したかを示す指標で選べば、公式に発表されるMVPとは異なる選手が選ばれることもある。

 まずは5月のパ・リーグ6球団の月間成績を振り返る。

○ソフトバンク:11勝8敗5分
打率.271、OPS.760、本塁打25、援護率5.34
先発防御率3.85、QS率45.8%、救援防御率1.71

○ロッテ:10勝8敗3分
打率.260、OPS.777、本塁打25、援護率4.76
先発防御率4.98、QS率33.3%、救援防御率2.94

○楽天:11勝11敗3分
打率.243、OPS.692、本塁打19、援護率3.98
先発防御率4.23、QS率36.0%、救援防御率2.86

○オリックス:10勝12敗1分
打率.269、OPS.770、本塁打35、援護率5.12
先発防御率5.67、QS率39.1%、救援防御率4.38

○西武:7勝9敗6分
打率.268、OPS.743、本塁打18、援護率3.45
先発防御率3.16、QS率45.5%、救援防御率5.48

○日本ハム:8勝12敗1分
打率.230、OPS.648、本塁打12、援護率3.85
先発防御率4.27、QS率42.9%、救援防御率3.15

 打撃好調だったのがオリックスだ。チーム月間本塁打35は群を抜いてリーグ1位で、援護率は5点台だった。これまで貧打で投手陣を援護できないでいた頃が嘘のように得点を重ねた。ただ、投手陣が打ち込まれてしまい、月間防御率は5.20。オリックスがなかなか上位に浮上できないのはこの投打の噛み合わせの悪さに起因している。

 これまで先発投手陣の弱さが指摘されてきた西武だが、5月の先発防御率はリーグ1位で、QS率も僅差で2位。高橋光成、今井達也、松本航のドラフト1位トリオで8つのQS、6つのHQS(7回以上投げて自責点2以内)を達成している。

 初回失点率も18.2%と、立ち上がりも安定していることがわかるが、援護率はリーグ最下位。これまで潤沢だった援護に恵まれなくなるという、こちらも噛み合わせの悪さを露呈している

 月間MVPは6月9日に発表予定。ここでは、セイバーメトリクスの指標による5月の月間MVP選出を試みる。

楽天・岡島は打率トップ、出塁率2位、OPSは3位の活躍

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY