プロ注目の天理・達孝太はなぜ敗れたのか 自身が分析する「冷静になれなかった」理由

甲子園への夢が絶たれた達の次の夢は…?

 2番・津田侑輝主将(3年)に投じた直球は「少し甘く入った」。捉えられた打球は前進守備の中堅手の頭上を超えていった。「試合も、高校野球も終わった……」。中継プレーが乱れる間に打った津田も生還。逆転サヨナラ負けとなった。

「森田と達の2人で10本(打たれた)。相手がすごくよかった。打たれたら仕方ない」と指揮官。達も「負けるときはそんなものなのかな」と、劇的な幕切れを冷静に受け止めた。試合後、「ストレートの球威、回転数すべてが前回より劣っていた」と自身の投球を振り返ったドラ1候補右腕。くしくもこの日、同じくドラフト1位候補の市和歌山・小園健太投手が智弁和歌山の前に屈し、涙を飲んだ。夏に勝つことの難しさを痛感したが、達の気持ちは「ここからが勝負かな」とすでに大きな夢に気持ちは向かっている。

 ダルビッシュ有(パドレス)、バウアー(ドジャース)、シャーザー(ナショナルズ)と憧れの投手にMLBの3投手を挙げた18歳。「メジャーリーガーになってサイヤング賞を獲ります」。達孝太の挑戦はもう始まっている。

(市川いずみ / Izumi Ichikawa)

市川いずみ(いちかわ・いずみ) 京都府出身のフリーアナウンサー、関西大学卒。元山口朝日放送アナウンサー時代には高校野球の実況も担当し、最優秀新人賞を受賞。NHKワースポ×MLBの土日キャスター。学生時代はソフトボールで全国大会出場の経歴を持つ。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY