リリースと制球が安定 巨人・菅野も紹介した家で“寝ながら”できる練習方法とは?

巨人・菅野智之【写真:荒川祐史】
巨人・菅野智之【写真:荒川祐史】

制球力が安定、プロもやっている技術練習とは?

 First-Pitch編集部では野球に関わる人たちの疑問解決のヒントを届けていきます。「First-Pitchコーチ」と題し、取材に基づいた参考例を紹介します。これを読むと仲間よりもちょっとだけ野球がうまくなるかも……。まずはSNSなどでも質問が多かった「家でできる練習方法を教えてください」という質問。巨人の菅野智之投手もやっていた練習方法です。

◇◇◇◇◇◇◇

 家でもできる基本練習のひとつとして紹介したいのは“寝ながらピッチ”です。一人でできます。やることは、仰向けになって、天井に向かってボールを投げるだけです。それをキャッチする。この時、離したボールが戻ってくるまで、真上へ一直線にならなくては捕球するのが難しい。そのラインをイメージしながら投げることがこの練習の“肝”となります。

 巨人の球団公式YouTubeでもエースの菅野智之投手が練習時間が制限され、家で過ごす時間が多くなった子どもたちに向けて、動画を紹介しています。球界を代表する投手がやっているので、参考になるでしょう。この送球が簡単にできるようになった“上級者”は、ボールが天井に当たるギリギリを狙って投げたり、回転軸や回転数まで意識してできるようになるとピッチングやスローイングで困ることは少なくなっていくと思います。

 続いてはバットを使わない打撃の基本練習を紹介します。打席に入った時と同様の構えをバットを持たない状態で作ります。横からボールをトスしてもらい、そのボールに対してスイングをするよう始動し、右打者なら右手で、左打者なら左手でボールを掴んで止める動作を繰り返します。

 この際に、自分のポイントでしっかりとボールを掴むことを意識することが大切です。そうすることで、自分の力が一番入るポイントと、ボールを捉えるまでしっかり見ることを覚えるので、バットを持った時の対応能力の向上につながります。慣れてきたら、前方からトスを投げてもらったりすると良いかもしれません。

 守備の基本練習。こちらも協力者が1人、必要となります。まずは捕球の姿勢を作り、ゆっくりとゴロを転がしてもらいます。それをグラブ側の手の中指と薬指の2本で当て、転がって来た方向へ真っすぐ転がし返す練習です。この動作は、グラブの“面”をボールに向ける動きにつながり、打球を捕球面で捉えるクセ付けにもなります。そのため、安定してゴロの処理を行える確率が上がり、捕球ミスを減らすことにつながると考えています。

 上記の3つの練習で使うボールはスポンジボールのような柔らかいボールでも十分練習ができます。家でできる小さなことから挑戦し、グラウンドで大きな成長を遂げてもらいたいと思います。

◇◇◇◇◇◇◇

【今なら登録無料で「200勝左腕が32年間をけがしなかったボール投げ方」配信中】
「TURNING POINT」公式LINE
https://lin.ee/dPKzOXj

 育成年代の野球現場に関わる人々へ向けた動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」が今秋スタート。元プロ選手、アマチュア指導者、トレーナーなど、野球を熟知した一流のアドバイザーがプレーヤーの技術や成長をサポートする指導・育成に特化した動画を配信。成功や技術だけではない多種多様なノウハウ」を発信していきます。

 今秋サービス開始予定の「TURNING POINT(ターニングポイント)」では公式LINEにて友だち登録を受付中です。LINE登録した方だけの特典映像やお得な情報を配信します。ぜひご登録ください。

(記事提供:First-Pitch編集部)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY