ポニーリーグの“新人戦”が開幕 千葉ジャガーズ、羽田アンビシャスが全国の舞台へ

優勝した千葉ジャガーズ【写真:川村虎大】
優勝した千葉ジャガーズ【写真:川村虎大】

2年生以下の大会、上位2チームが沖縄へ

 ポニーリーグ(中学硬式)の関東連盟秋季大会の決勝戦が、7日に行われ、千葉ジャガーズが羽田アンビシャスを14-4で下し、優勝した。

 今季で45回目を迎える今大会は、2年生以下が出場するいわゆる“新人戦”。47チームが参加し、16チームが決勝トーナメントに進出した。

 今大会は、3月に沖縄で行われる第6回全日本選抜中学硬式野球大会の出場予選も兼ねており、決勝に進出した千葉ジャガーズと羽田アンビシャスが関東地区代表として出場する。

 決勝は、千葉ジャガーズが予選リーグで羽田アンビシャスに敗れたリベンジを果たし、快勝。スコアは以下の通り。

○SSKカップ 第45回関東秋季連盟大会

        1234567
千葉ジャガーズ 4201223 14
羽田アンビシャス2001001 4

最優秀選手賞:中野幸太郎(千葉ジャガーズ)

(記事提供:First-Pitch編集部)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY