ロサリオ、アルカンタラ…韓国経由の助っ人が日本で苦しむ理由を“名将”が分析

ロサリオが失敗し、ウッズが大成功できた理由とは?

 打者も同じだ。2018年に阪神でプレーしたウィリン・ロサリオもその例にもれなかった。大リーグ通算71発、さらに2016年からの2年間は韓国・ハンファで通算打率.330、70本塁打を記録した。ただ2018年に在籍した阪神では75試合で打率.242、8本塁打に終わっている。ハンファ時代には、金星根監督の元でプレーした選手でもある。

 記事は、右打者のロサリオは外へ逃げるボールに弱点があった。ただ韓国では外角のボールを待って、中へ入ってくるボールを打てていたと指摘する。ここで明らかになるのは、両国リーグのストライクゾーンの違いだ。

 金星根氏は「日本ではロサリオに外へのボールを追いかけさせた後、逆に内角へ厳しいボールで攻めるという勝負を見ることが多かった。両サイドの活用に違いがある」と分析している。

 両国で成功した選手がいないわけではない。投手で言えばサムスンからソフトバンクへ移籍したリック・バンデンハーク、打者では斗山から横浜、中日でプレーしたタイロン・ウッズが代表的だ。ウッズは大リーグ歴がなかったものの、韓国・OBベアーズへ移籍した1998年に当時のリーグ記録となるシーズン42本塁打、2003年に横浜へ移籍すると2年連続本塁打王となった。日本では通算6年プレーし240発。両国で成功を収めた数少ない例だ。

 記事で金星根氏は「ウッズはホームランバッターなのに、流し打ちが可能な打者だった」と、引っ張り専門ではなかったことが成功の理由だと指摘。さらに「前へ出て打つタイプの打者は、日本では大半が失敗する」としている。ウッズのようにしっかりボールを引き付けて打つタイプの打者でないと、成功は難しいと考えているようだ。

 さらに、同じ外国人が日韓両国で全く違った成績に終わる理由は、両国のレベル差にあるとしている。「日本では球速150キロを超えるのも普通だ。球速と球種、変化球の鋭さでは日本の投手が先を行っている。韓国の投手はストライクを入れられる制球力まではあるが、打者と勝負する際に特定のコースを攻めるコントロールがまだない」。今後も続くであろう助っ人の行き来。再びの成功例は現れるだろうか。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

CATEGORY