キャッチボールでうまく捕れない…自宅でできる練習法を“野球道具の達人”が紹介

野球用品専門店「アサヒスポーツ」の平賀誠店長【写真:間淳】
野球用品専門店「アサヒスポーツ」の平賀誠店長【写真:間淳】

グラブを閉じるタイミングは「教わるものではなく、慣れるもの」

 お気に入りのグラブを買って、いざキャッチボール。ところが、思い通りにボールを捕れない。子どもたちは野球の楽しみを知る前にやめてしまうかもしれない。グラブの選び方や使い方のエキスパートが捕球のポイントに挙げるのは、グラブを閉じるタイミングとグラブにボールを収める場所。少年野球を始めたばかりの子どもに向けた自宅で簡単にできるトレーニングを実演した。

 野球の難しさの1つは用具を使うことにある。プレーの中で「実は捕るのが一番難しい」と強調するのが、横浜市にある野球用品専門店「アサヒスポーツ」の平賀誠店長だ。37年間、3万人以上の選手のフォームを研究し、個々に合った野球用品を提案している。少年時代から店を訪れていた選手の中には、西武の渡部健人内野手やDeNAの細川成也外野手らプロ入りした選手もいる。

 平賀店長は捕球のポイントにグラブを閉じるタイミングを挙げる。ただ、握力の弱い子どもが思い通りにグラブを扱うのは難しい。そこで、少年野球の子どもたちに勧めているのは、手にはめたグラブに向けて自分でボールを投げてキャッチするトレーニング。野球経験者の多くが無意識にやっている動きだが、繰り返すことでボールを掴む練習になる。平賀店長は「グラブの使い方は教わるよりも慣れるもの」と考え、このシンプルな練習によって芯と呼ばれるグラブの一番深いところにボールを収める感覚が身に付くという。

 野球は捕球してから送球するまでが一連の動きだが、ボールを捕れなければ投げる機会は訪れない。まずは、グラブでの捕球。自宅で手軽にできるトレーニングが、次のステップとなる送球へ進む手助けとなるはずだ。

(鉾久真大 / Masahiro Muku)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY