松井秀喜氏が10・15に石川県で6年ぶり野球教室 故郷の子どもたちを直接指導

ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏【写真:編集部】
ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏【写真:編集部】

NPO法人・松井55ベースボールファウンデーションが参加者35人募集中

 米大リーグ、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏が代表理事を務めるNPO法人・松井55ベースボールファウンデーションが10月15日、松井氏の故郷で野球教室を開催すること発表した。日本での教室は4年ぶりとなる。

 今回の対象は石川県在住の35人の子どもたち。松井氏が直接指導を行う。松井氏は「新型コロナウイルスの影響で開催が見送られていた野球教室ですが、4年ぶりに日本で、6年ぶりに石川での開催が決定しました。社会が一歩一歩ポストコロナに近づく中、このようなお知らせが出来ることを嬉しく思います」とイベントを心待ちにしている。

 また「球界では夏の甲子園での熱い戦いが記憶に新しいところですが、プロ野球やメジャーリーグも大変、盛り上がっています。野球を楽しむ少年少女と、かけがえのない思い出となるような時間を共有できればと思います。故郷である石川県で、当日皆さんと会えることを楽しみにしています」とコメントを寄せた。

 応募詳細は公式サイト内専用フォームから申し込みが可能(http://matsui55.org/)。募集締切は10月2日の午後7時となっている。開始時間および開催場所は、後日当選者に連絡となる。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY