野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“今年最もNPBに近い男” プロ注目の17歳右腕が独立リーグを選んだワケ

ロッテ・角中勝也(元高知)、中日・又吉克樹(元香川)ら、毎年のようにNPBに人材を輩出している四国アイランド(IL)plus。ハイレベルなリーグで“今年最もNPBに近い男”と関係者に熱視線を注がれている大器がいる。伊藤翔、17歳。徳島インディゴソックスにドラフト1位で入団した右腕は、新天地での夢に胸を膨らませている。

中学で楽天ドラ1右腕に勝った147キロ右腕、高3夏はNPBスカウトも視察

 ロッテ・角中勝也(元高知)、中日・又吉克樹(元香川)ら、毎年のようにNPBに人材を輩出している四国アイランド(IL)plus。ハイレベルなリーグで“今年最もNPBに近い男”と関係者に熱視線を注がれている大器がいる。伊藤翔、17歳。徳島インディゴソックスにドラフト1位で入団した右腕は、新天地での夢に胸を膨らませている。

「1年でも早くNPBにという気持ちが一番。自分がマウンドに立った試合は負けないようにしたい」

 魅惑の可能性を秘めた逸材だ。元レンジャーズの大塚晶文(現パドレス3A投手コーチ)らを輩出した千葉の私立校・横芝敬愛高出身。小1で投手として野球を始めたが、肘を壊して中学時代は投手をまともにできず、中3年秋に手術。それでも、故障が癒えた高校入学を機に才能が開花した。入学当初は135キロだった球速は着実にアップ。「見ての通り、体が細い」と自分で分析するように、線の細さを補うべく体全体を使ったフォームを意識。下半身を徹底的にいじめ抜いた。

「とにかく下半身をやった。走りこんで、あとはウエイトの繰り返しでした。夏の大会前の合宿は1か月、追い込みで体がキツいのに1日20キロのノルマで走ってしんどかったです」

 努力の甲斐もあり、体重は入学当初の62キロから11キロ増えて73キロに。3年春に最速147キロを叩き出し、プロからも一躍注目される存在となった。エースとして挑んだ3年夏の千葉大会にはNPBのスカウトも視察。だが、3回戦の千葉明徳戦に逆転サヨナラ負けという、あっけない幕切れで高校生活は終了した。

「これじゃ、野球は辞められない。本気でプロを目指したいと思った」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中