野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

台湾でスターとなった元ダイエー右腕 独立Lで初めて監督に挑戦する理由

台湾でスターとなった日本人の元投手が世界5か国を渡り歩き、縁もゆかりもない徳島の独立リーグで、監督業に初挑戦する。

20170211_youhu

米3Aでノーヒッター…世界5か国を“旅”した43歳の新たな夢とは

 台湾でスターとなった日本人の元投手が世界5か国を渡り歩き、縁もゆかりもない徳島の独立リーグで、監督業に初挑戦する。

「世界を一人で旅して培った経験を買っていただいた。意気に感じています」

 そう話したのは、四国アイランドリーグ(IL)plus・徳島インディゴソックスの養父鉄(ようふ・てつ)監督。名前に聞き覚えのあるファンもいるだろう。12月に就任したばかりの43歳の新指揮官、その経歴は異色そのものだ。

 神奈川出身の右腕は、帝京三高から亜大を経て、社会人野球の日産自動車でプレー。だが、プロ入りを夢見ながら「5位以下ではドラフト指名できない」というチームの制約もあり、声がかからず。27歳で大きな決断を下した。

「『会社を辞めます』と日産に伝えた。目指すなら、腹を決めて目指そうと」

 退路を断って、活路を求めたのは台湾だった。01年に台湾プロ野球の兄弟エレファンツに入団。異国の地で遅すぎるプロデビューを飾ると、溜まっていたうっ憤を晴らすかのように、躍動した。台湾プロ野球史上最多の1試合16奪三振をマークするなど、11勝を挙げて最多奪三振&ゴールデングラブ賞を獲得。出場した台湾シリーズでもシリーズMVPに選ばれる活躍で、優勝に貢献した。退社からわずか1年で一躍、台湾球界のスター選手となった。

人気記事ランキング