野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグTV
  • 憧れの甲子園ロッカーで流した涙 元ドラ1が人的補償経て辿り着いた10年目

憧れの甲子園ロッカーで流した涙 元ドラ1が人的補償経て辿り着いた10年目

マリーンズに来て7シーズン目になる。高濱卓也内野手は春季キャンプの時期になると、あの日のことを思い出す。キャンプを終えて、オープン戦を行っていた2011年3月1日。タイガースにFA移籍した小林宏之投手の人的補償としてマリーンズへの移籍を言い渡された、あの時のことだ。

人的補償を乗り越えて―プロ10年目を迎えるロッテ高濱卓也の思い

 マリーンズに来て7シーズン目になる。高濱卓也内野手は春季キャンプの時期になると、あの日のことを思い出す。キャンプを終えて、オープン戦を行っていた2011年3月1日。タイガースにFA移籍した小林宏之投手の人的補償としてマリーンズへの移籍を言い渡された、あの時のことだ。

「人的補償の辛さって、当人にしか分からないと思います。あれから、もう7シーズン。早いですね」

 それはプロ4年目のシーズンを迎えようとしていた2011年だった。当時、阪神に所属していた高濱は2軍スタートも、手応えを掴みキャンプインを迎える。2月中旬に高知県安芸市で行われた1、2軍合同の紅白戦では自信が結果につながった。1試合目が3打数3安打、2試合目が3打数1安打、そして3試合目が3打数2安打。3日間3試合で9打数6安打の大活躍で、1軍首脳陣の目に留まった。そこから1軍帯同。高知県春野市で行われたバファローズとのオープン戦ではサードでスタメン出場をすると、3打数2安打。希望に満ち溢れた日々を送っていた。

「今年ダメだったら、クビになると思っていた。最後のチャンスだと思って、なんとか高い評価をして入団をさせてくださったタイガースに恩返しをしないといけないと思っていた。だからキャンプから全力でアピールをした。紅白戦で必死に打って、初めての1軍のオープン戦でも結果を出そうと頑張ったんです」

 タイガースに入って3年間、怪我に見舞われ、一度も1軍出場のなかったものの周囲の期待は高かった。高校生ドラフトで中田翔(現ファイターズ)を外したタイガースがベイスターズと競合。抽選の末、ドラフト1巡目で入団をした。

 しかし、そこからは怪我の連続だった。最初のキャンプで左膝を痛めると1年間を棒に振った。2年目も練習中の守備で打球を追って足を痛めた。3年目も怪我の痛みは残り、試合に出る機会は少なくなった。4年目のシーズン。期するものがあった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中