野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

福本豊、山田久志、米田哲也…偉人が並ぶ阪急・オリックスの歴代投打5傑

オリックス・バファローズは、1936年のプロ野球創設時に阪急軍としてスタートした老舗。パ・リーグでは最古の球団だ。阪急ブレーブスとして一時代を築き、1988年11月に親会社がオリックスに変更。2005年に近鉄バファローズと合併して現在に至る。今年で創設82年を迎える。歴史を飾った歴代の名選手を、投打の通算成績で見ていこう。

投手では“ヨネカジコンビ”と山田が上位

 投手成績を見てみよう。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

○通算勝利数5傑
1.米田哲也 338勝(1956-75年)
2.山田久志 284勝(1969-88年)
3.梶本隆夫 254勝(1954-73年)
4.足立光宏 187勝(1959-79年) 
5.星野伸之 168勝(1984-99年)

「ガソリンタンク」と呼ばれたスタミナ抜群の米田哲也が1位で、2位はアンダースローの山田だ。3位は米田と「ヨネカジコンビ」を組んだ左腕の梶本。4位に入った足立もアンダースローで1967年にMVPを受賞した。星野は遅い球が武器だった左腕。現役では金子千尋の116勝が最多となっている。

○通算奪三振数5傑
1.米田哲也 3294個(1956-75年)
2.梶本隆夫 2945個(1954-73年)
3.山田久志 2058個(1969-88年)
4.星野伸之 1903個(1984-99年)
5.佐藤義則 1755個(1977-98年)

 奪三振は「ヨネカジコンビ」が1、2位を占めた。佐藤義則は阪急からオリックスの初期にかけて、先発と救援で息の長い活躍をし、今も投手コーチとして活躍中。現役では金子千尋の1494個が最多だ。

○通算セーブ数5傑
1.平野佳寿 156(2006-17年)
2.加藤大輔 87(2003-10年)
3.岸田護 63(2006年-)※
3.大久保勝信 63(2001-10年)
5.佐藤義則 48(1977-98年)

 セーブ記録は1975年に導入以降の投手が対象。今季からダイヤモンドバックスに移籍した平野が歴代1位。2位に入った加藤大輔は松坂世代で、2008年にセーブ王にもなっている。現役では岸田が1位だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」