野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLB通ドラマー、オカモト“MOBY”タクヤの記者体験リポート(エンゼルス編)

MLB通ドラマー、オカモト“MOBY”タクヤの記者体験リポート(エンゼルス編)

前半戦が佳境に差し掛かってきたメジャーリーグ。各地で熱戦が繰り広げられる一方で、日本人選手が次々と故障者リスト(DL)入りして、30日現在メジャー登録25人枠に入るのはドジャース前田健太投手、ダイヤモンドバックス平野佳寿投手、パドレス牧田和久投手のみとなった。そんな“異常事態”を迎える直前の6月1日から4日間、Full-Countでは特別リポーターを迎えて、現地取材を敢行した。

エンゼルスタジアムの前に立つオカモト“MOBY”タクヤ氏【写真:オカモト“MOBY”タクヤ】
エンゼルスタジアムの前に立つオカモト“MOBY”タクヤ氏【写真:オカモト“MOBY”タクヤ】

6月1日から4泊6日の強行軍にチャレンジ

 前半戦が佳境に差し掛かってきたメジャーリーグ。各地で熱戦が繰り広げられる一方で、日本人選手が次々と故障者リスト(DL)入りして、30日現在メジャー登録25人枠に入るのはドジャース前田健太投手、ダイヤモンドバックス平野佳寿投手、パドレス牧田和久投手のみとなった。そんな“異常事態”を迎える直前の6月1日から4日間、Full-Countでは特別リポーターを迎えて、現地取材を敢行した。

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 今季からコラボするFMおだわらで放送中の野球と音楽をつなげるラジオ「NO BASEBALL, NO LIFE.」でメインMCを務める、ロックバンド「SCOOBIE DO」のドラマー兼マネージャー、オカモト“MOBY”タクヤ氏が記者体験。カブスの大ファンでもあり、昨季は動画配信サービス「DAZN」のメジャー中継で解説を務めたメジャー通が、自分の目で見て、耳で聞いて、口で話して、肌で感じたメジャーとは……。渾身の体験リポートを4回にわたってお届けする。

—————————————

「MOBYさん、一緒にアメリカにメジャー取材に行きませんか?」という、MLB好き、そして野球好きの人々を全て敵に回してしまいそうな夢のようなオファーをFull-Countさんから頂きまして、4泊6日で3球場4試合を現地で取材する強行日程でアメリカに行ってきました。普段、記者の皆さんがどのようにして、我々が読んでいるMLBに関する記事を書いているのか、そして記者の皆さんがどのようにして情報を仕入れているのか、私MOBYが身を以て体験してきたことも踏まえ、1日ごとにご紹介できればと思います。

 6月1日(金)夕方、羽田を発ち10時間半のフライトでロサンゼルスへ。時差の関係で到着したのが同日の午前10時過ぎ。興奮なのか緊張なのか(あるいは飛行機の中で映画を観すぎたのか)機内では1時間ほどしか睡眠できず……。別の便で現地入りしたFull-Countの記者さんと待ち合わせて、まずはレンタカーでホテルへ移動しました。

 身支度を調え(最低限のドレスコードがあり、Tシャツ・短パン・サンダルはNG)、アナハイムにあるロサンゼルス・エンゼルスの本拠地エンゼルスタジアムに到着したのが、試合開始前およそ4時間前の現地15時。この時間に球場入りするのには、もちろん理由があります。試合前に取材をするからです。

「Press Box」と呼ばれる記者席に荷物を置き、ボクは見習い記者として他の日本メディアの方々にご挨拶を済ませると、向かった先はホームチームであるエンゼルスのクラブハウス。どの球場もおよそ試合開始3時間半前からクラブハウスがメディアに開放され、選手や首脳陣に取材する場を与えられるのです。とはいえ、もちろんのべつ幕なしに話しかけるのは御法度。基本的には選手が自分のロッカー前にある椅子に座っている時が取材OKのサインです。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」