野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLB通ドラマー、オカモト“MOBY”タクヤの記者体験リポート(Dバックス編その1)

MLB通ドラマー、オカモト“MOBY”タクヤの記者体験リポート(Dバックス編その1)

前半戦が佳境に差し掛かってきたメジャーリーグ。各地で熱戦が繰り広げられる一方で、日本人選手が次々と故障者リスト(DL)入りして、14日現在メジャー登録25人枠に入るのはドジャース前田健太投手、ダイヤモンドバックス平野佳寿投手のみとなった。そんな“異常事態”を迎える直前の6月1日から4日間、Full-Countでは特別リポーターに、ロックバンド「SCOOBIE DO」のドラマー兼マネージャー、オカモト“MOBY”タクヤ氏を迎えて現地取材を敢行した。

カブスのキャンプ地・スローンパーク【写真:オカモト“MOBY”タクヤ】
カブスのキャンプ地・スローンパーク【写真:オカモト“MOBY”タクヤ】

平野投手に直撃インタビュー、発見した共通点とは…

 さてさて、少々野球から話は逸れまして、5月17日、ダイヤモンドバックスが長期遠征に出掛ける際、選手やコーチ陣がアメリカの人気テレビコメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」のキャラクターに扮して話題を呼びました。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

https://twitter.com/Dbacks/status/996904320556675072

 その際、平野投手が扮したのは「サムライ」。ただこれ、いわゆる日本人だからサムライという安直な理由ではなく、同番組に出演していた伝説的なコメディアン、ジョン・ベルーシが映画『用心棒』を参考にしてパロディにした当たり役だったんです。

Samurai Hitman – Saturday Night Live-

 そのことを平野投手に伝えると「いやー、全然知りませんでした!」との反応。今回、ボクのこの仕事が決まった際、このことを平野投手に教えることができれば、と思っていたので、役目を果たした! セットアップ完了した!と思いましたよね。

 さらに音楽の話題になった際、平野投手は「ヒップホップが好きで、オリックス時代から使用してたKREVA feat. Mummy-D『中盤戦』を登板時に流してもらってるんです」と……。ち、近い!Mummy-Dさんの所属するRHYMESTERと、我々SCOOBIE DOは何度も共演した仲! そのことをMummy-Dさんに伝えます、と平野投手に約束してインタビューは終了。最後は何だか我田引水になってしまいましたが、素人同然であるボクの質問にも終始丁寧に受け答えしていただき、本当にありがとうございました!

 16時、再びグラウンドに移動。投手と内野手が守備練習を繰り返し行っていました。昨日のエンゼルスとレンジャースは守備練習をやっていなかっただけに、試合前の練習は球団によって千差万別、ということも分かりました。

 16時半、今度は対戦相手、マーリンズのクラブハウスへ移動。同行した記者の方がチェン・ウェイン投手に取材を試みたのでボクも一緒に。彼の駆使する日本語はネイティブとほぼ一緒で、20分たっぷり喋ってくれました。彼のインタビューは下記リンク先をチェックしてみて下さい!

https://full-count.jp/2018/06/06/post135729/

 17時15分にはチームが入れ替わり、今度はマーリンズが練習開始。捕手陣がセカンドへのスローイング練習を入念に行ってました。観客席を見渡すと……おお、出足が非常にいい! それもそのはず、この日はダイヤモンドバックスの主砲、ポール・ゴールドシュミットが映画『スター・ウォーズ』のキャラクター、ハン・ソロに扮した“ポール・ソロ”ボブルヘッドが球場で配られる「スター・ウォーズ・ナイト」で、観客席にはコスプレした人たちも沢山いました。

 18時頃に一旦プレスボックスへ戻って食事休憩。昨日のエンゼルスタジアム同様、関係者用の食堂にてビュッフェ形式+サラダバーの食事が提供され、日本人記者の方々とご一緒させていただき情報交換。ここの食堂にはフェニックスから程近いアリゾナ州スコッツデールに本社があり、日本でも人気の「コールドストーンクリーマリー」のアイスクリームがあり、思わず手が伸びてしまいましたよね。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」