野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「ぜひロッテにいてほしい投手」―救世主になる可能性を秘めた2人の助っ人

18年シーズンはセ・パ両リーグとも外国人投手の活躍が目についた。千葉ロッテマリーンズにも2人の大型右腕がいた。マイク・ボルシンガーとタナー・シェッパーズ。苦戦が続くチームの救世主になる大きな可能性を秘めている。

ロッテのボルシンガーとシェッパーズ(左から)【写真:荒川祐史、細野能功】
ロッテのボルシンガーとシェッパーズ(左から)【写真:荒川祐史、細野能功】

シーズンを通して安定感を見せた米国人2投手

 18年シーズンはセ・パ両リーグとも外国人投手の活躍が目についた。千葉ロッテマリーンズにも2人の大型右腕がいた。マイク・ボルシンガーとタナー・シェッパーズ。苦戦が続くチームの救世主になる大きな可能性を秘めている。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 CS進出が絶望となったチームに秋の訪れは早い。大きな話題となった生え抜き福浦和也の2000本安打達成後は、現役引退選手の話題も出始めた。すでに来シーズンが始まっているかのような様相である。東京湾から吹き付けるマリン名物の強風は、冬の寒風に近いものすら感じさせるほどだ。

 井口資仁新監督を迎えた18年の新生ロッテ。投手陣では若手の成長株が多く現れ、井上晴哉という大型大砲も覚醒した。シーズン後半には甲子園を沸かせた期待の主砲候補、平沢大河や安田尚憲も1軍定着と明るい光も見えた。しかし総合力や経験といった部分を補うには至らず、2年連続のBクラスに甘んじてしまった。そんな中、年間を通じて安定感のある活躍をみせたのが2人のアメリカ人投手、マイク・ボルシンガーとタナー・シェッパーズである。

「契約などいろいろあるけど、ぜひロッテにいてほしい投手。ボルシンガーは終盤、故障などあったけど、年間通じて安定していた。シェッパーズは先発という大きな可能性が見えた。2人とも日本で成功したいという気持ちも強いみたいだしね。状況もあるけどこの2人がローテーションに定着してくれれば、チームはある程度、計算できると思う」

 ボルシンガーのオールスター戦出場は取り上げられたが、チーム状況からどうしても話題になりにくい。しかし、シーズンを通じて2人を見続けてきた清水直行投手コーチは2人を高く評価している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」