野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

新潟で野球女子向け「BBGウィンターフェスタ」開催 マドンナJ来場に大盛況

2月10日に新潟のHARDOFF ECOスタジアム新潟で「BBGウィンターフェスタ」が開催された。「BBGウィンターフェスタ」とは、小学1年生から6年生の女子野球選手を応援する女子野球交流の場の1つだ。主催運営を行う「BBガールズ普及委員会」とは、「女の子だって野球を好きなら、やらせてあげたい!」という想いから学童野球チームの有志が集まり、2008年に結成された組織で、新潟の女子野球普及のための活動を行っている。

BBGウィンターフェスタが開催された【写真:大森雄貴】
BBGウィンターフェスタが開催された【写真:大森雄貴】

発足のきっかけは「女の子だって野球を好きなら、やらせてあげたい!」

 2月10日に新潟のHARDOFF ECOスタジアム新潟で「BBGウィンターフェスタ」が開催された。「BBGウィンターフェスタ」とは、小学1年生から6年生の女子野球選手を応援する女子野球交流の場の1つだ。主催運営を行う「BBガールズ普及委員会」とは、「女の子だって野球を好きなら、やらせてあげたい!」という想いから学童野球チームの有志が集まり、2008年に結成された組織で、新潟の女子野球普及のための活動を行っている。

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今回のイベントでは「すごいぞ! WBSCワールドカップ6連覇!」をテーマに掲げ、女子日本代表マドンナジャパンのメンバーが新潟を訪れ、女子選手に向けた野球教室を行った。新潟の少女たちの“お姉さん先生”を務めたのは、マドンナジャパンのキャプテン出口彩香、コーチの志村亜貴子、船越千紘、田中露朝、清水美佑の5人だ。

 2月の新潟とあって、当日天気は晴れたが、会場のHARDOFF ECOスタジアム新潟のグラウンドは雪一色で、イベントは室内練習場で行われた。

 寒さの厳しい冬のイベント開催だったが、最終的には67人の小学生女子野球選手が参加した。主催者は「夏のイベントは人が集まるが、冬は未知数だった。最初は集まらないかと思いましたが、マドンナジャパンの名前が出た途端、応募が一気に増えました」と大喜び。所属チームの都合で来場できなかった野球女子も多く、イベントが持つポテンシャルの高さを伺わせた。

 当日の運営は、新潟県女子野球連盟に所属するNLライズ、中越フェニックス、県央BLジャイアンツ、上越BREAKERSの4つの女子軟式野球クラブと女子早起き野球チームヒロインズがサポート。小学生の野球女子が、今後野球を続ける上での質問を気軽に投げかけられる環境も整えられていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」