野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【野球と音楽・特別対談】元燕エース川崎憲次郎とモッズ番長・古市コータローが見つけた意外な共通項

野球と音楽という2つのジャンルを融合させる、おなじみのラジオ番組、Full-Countプレゼンツ「NO BASEBALL, NO LIFE.」。今回は「野球と音楽・特別対談」と題し、1990年代にヤクルトスワローズで活躍した右腕・川崎憲次郎、そして知る人ぞ知る筋金入りのヤクルトファンでもあるモッズバンド「THE COLLECTORS」の古市コータローが奇跡の対談を果たした。

オカモト”MOBY”タクヤ氏、古市コータロー氏、川崎憲次郎氏、成瀬英樹氏【写真:荒川祐史】
オカモト”MOBY”タクヤ氏、古市コータロー氏、川崎憲次郎氏、成瀬英樹氏【写真:荒川祐史】

第2打席は「音」について、川崎と古市が熱く談義

 野球と音楽という2つのジャンルを融合させる、おなじみのラジオ番組、Full-Countプレゼンツ「NO BASEBALL, NO LIFE.」。今回は「野球と音楽・特別対談」と題し、1990年代にヤクルトスワローズで活躍した右腕・川崎憲次郎、そして知る人ぞ知る筋金入りのヤクルトファンでもあるモッズバンド「THE COLLECTORS」の古市コータローが奇跡の対談を果たした。

 30年以上もヤクルトを応援し続ける古市の思い出話の数々に、当事者だった川崎は大興奮。出会った途端に意気投合した2人に加え、進行役として「SCOOBIE DO」のオカモト”MOBY”タクヤも参加。野球界と音楽界に数多くの共通項が見つかるなど、およそ90分にも及ぶ対談の真剣勝負・全3打席から、今回は第2打席をお届けする。

【第2打席 キャッチャーとドラマーと音】

古市「昔、松井秀喜の初ホームランを見たんですよ」

川崎「高津さんから打ったやつですね?」

古市「そうそう、あれって(打つか)試したんでしょ?」

川崎「そうですね。まだ松井君がどの球を打つか分からなかったので、試しに投げでみたら本当に打たれちゃったって。高津さんはそう言ってました。言い訳かもしれませんが(笑)」

一同(笑)

川崎「でも、試してみないと分からないんですよ。まず打たせてみて相手の得意なコースを知る。これが一番です」

古市「奥が深いねえ」

MOBY「川崎さん、92年、93年のチームメートってみんな仲が良かったんですか?」

川崎「とても良かったですよ。皆さんご存知の通り、ヤクルトの選手って当時はものすごく個性が強かったんですけど、誰と誰が仲が悪いとかそういうのはなかったですね」

MOBY「飲みにいったりするのもそうでした?」

川崎「基本は投手は投手で固まるんですよ。その方がピッチングの話ができますからね。あとはちょっと愚痴も言えて。野手と行くとお互い表には出しませんが、気を遣う部分もありますし(笑)。だから、シーズン中に投手と野手がご飯に行くのって、実はあんまりないパターンなんです」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」