野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

パパコーチ必見! 名スコアラー・三井の少年野球メソッド3 言い方ひとつで未来が変わる

Full-Countでは少年野球上達のための連載をスタート。元巨人で2009年WBC侍ジャパンチーフスコアラーを務めた三井康浩氏が少年野球指導の仕方をお伝えします。第3回は「指導者へ伝えたいこと」です。

巨人でスコアラーを務めた三井康浩氏【写真:編集部】
巨人でスコアラーを務めた三井康浩氏【写真:編集部】

元・巨人、侍ジャパンスコアラー三井康浩氏 連載第3回「指導者へ伝えたいこと」

 Full-Countでは少年野球上達のための連載をスタート。元巨人で2009年WBC侍ジャパンチーフスコアラーを務めた三井康浩氏が少年野球指導の仕方をお伝えします。第3回は「指導者へ伝えたいこと」です。

 私は長い間、プロ野球の世界でスコアラーを務め、野球を分析してきました。そして、昨年10月から、子供の少年野球を指導しています。約30年、プロの世界に携わり、子供たちに正しい技術を身に着けてほしいなと願いながら野球を教えています。それが日本の野球界のレベルアップにつながるからです。今回は指導者の方にも少し考えを知っていただきたいことを記します。

 先日、私が教えているチームの試合で、攻守交替の時に相手選手が自軍の選手にぶつかってきました。すれ違いざまに殴られた選手もいました。最初は「危ないな」と思ったのですが、その後、試合の中でも驚くことがありました。

 別の選手が守備の時、けん制球を受け取った一塁手が走者に背中をタッチしたのですが、タッチどころではなく、叩いていました。1回目は我慢しましたが、2回目は今度頭をたたいてきました。そんなのは私がずっと愛している「野球」ではありません。

「こんなの野球じゃない、暴力だ」

 私は思わず言ってしまった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」