野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 長距離打者の“宿命”か パ過去10年の最多三振、シーズン三振数10傑の顔ぶれは?

長距離打者の“宿命”か パ過去10年の最多三振、シーズン三振数10傑の顔ぶれは?

首位打者、本塁打王、打点王といった主要な打撃タイトルをはじめ、盗塁王、最多安打、最高出塁率といったタイトルに関しては、シーズン中からその行方が注目を集める。だが、最多三振や最多併殺打のような、いわゆる不名誉な記録が話題になる機会はかなり少ない。もっとも、記録の性質を考えても当然だろう。

西武・中村剛也【写真:荒川祐史】
西武・中村剛也【写真:荒川祐史】

最多三振はネガティブな記録か? 見えてくる興味深い傾向

 首位打者、本塁打王、打点王といった主要な打撃タイトルをはじめ、盗塁王、最多安打、最高出塁率といったタイトルに関しては、シーズン中からその行方が注目を集める。だが、最多三振や最多併殺打のような、いわゆる不名誉な記録が話題になる機会はかなり少ない。もっとも、記録の性質を考えても当然だろう。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 しかし、リーグ最多の三振を喫した選手は、裏を返せばそれだけ多くの打席に立ったということでもある。その選手には多くの三振に目をつぶっても起用するだけの価値があるということだ。そして、実際にリーグ最多三振を喫した選手の成績を確認すると、単なるネガティブな記録というだけでは片づけられない、興味深い傾向も見えてきた。

 そこで今回は、過去10年間のパ・リーグで最多三振を喫した打者の成績を紹介。NPBの歴代シーズン最多三振10傑の成績も確認し、打者の傾向や、その他成績との相関性についても見ていきたい。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」