野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「采配面は実際のプロ野球よりも奥深い」―真中満氏が語る「eBASEBALL」の魅力

11月3日にもう一つのプロ野球、「eBASEBALL プロリーグ」が開幕した。野球ファンなら一度は聞いたことがあるゲーム、「実況パワフルプロ野球」を使用した、日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが共催する「プロ野球 eスポーツリーグ」だ。

実際の選手データ画面【写真:パーソル パ・リーグTV】
実際の選手データ画面【写真:パーソル パ・リーグTV】

選手のメンタル、特殊能力…「采配面は実際のプロ野球よりも奥深い」

真中さん「一つだけ違うと言えるのは、ゲーム内で起用されている選手のメンタルについてです。(試合で)代えようが代えまいが全くメンタルが変わらないので、采配的には思い切って(選手を)代えたりできるところが大きな点です。実際のプロ野球だったら代えづらいシーンもあるので」

――思い切った采配というと、通常の野球のセオリーでは考えられないような起用もありますが。

真中さん「パワプロには特殊能力がありますからね。例えば、チャンスで強くなるとか、さまざまな能力をみんなが完全に把握していて、それをうまく利用してゲームで選手を起用する。最初見ていると『なんでこんな打順なのかな』と思われる方も多いと思いますが、そこも含めて“戦術”というところは実際のプロ野球より考えられている印象です」

――eBASEBALLならではといった采配はどのようなものでしょうか? 例えば1番打者といったところですが……。

真中さん「逆にどう思う?」

――単に野球のセオリーであれば「先制点を取って試合の主導権を握りたい」ので、「内野安打でもいいから塁に出られる足が速い選手、打てなくても球数を投げさせて今日の調子をリサーチできるような粘れる選手で心理的に揺さぶりたい」と思いますが、eBASEBALLであれば(その辺りの心理戦というよりも)とにかく点を取りたいので1番からミートカーソルの大きい選手を置くとか……。

真中さん「ちょっとまだ素人だね(笑)。例えば、いきなり外国人選手を1番に入れてみるとか」

――その理由とは?

真中さん「1番に“併殺”の特殊能力を持ったバッターを置きたい。(どれだけ能力が高くても)ランナーのいる場面で打たせるとダブルプレーのマイナス能力が発揮してしまうので能力が落ちてしまう。こういうバッターは、走者のいない先頭打者で打たせたい。そこで1番に外国人選手のような『併殺の特殊能力があるが能力の高いバッター』を置くのは効果的です」

――まだまだ素人で勉強不足でした……。逆にプロスポーツとして、そこまで考えていらっしゃるのですね。

真中さん「他には、スタメンで使う方がいい選手と、代打の特殊能力があるので代打で立った方がいい選手もいる。今季は5イニング制で戦うので、投手が2回くらい打席に入るじゃないですか。能力が高い選手でも、スタメンで出さずに代打で取っておいて、投手や捕手のところに代打で出す。そうすると、スタメン出場時よりも能力がアップするわけです。その辺も含めて采配面は実際のプロ野球よりも奥深いし、頭をよく使っているのを強く感じます」

――レギュレーションという部分では、1チーム4人構成になり、そのうちの3人で1試合を戦うようになりました。

真中さん「そこも今季からなので、4人になるとどう影響するかわかりにくいけれども、選手もプロのプレーヤーなので調子の良し悪しがあると思います。僕らにはわからないですが、風邪気味とか指が痛いとか、選手4人の中で感じられる体調とか。さまざまな条件があると思うので、4人にしたことで少し幅ができたとは思います。あとは、出られない選手がアドバイス的なところも含めて、どうチームを回していくかが大事。3人だとカツカツで回さないといけない状況だったので、4人で意見を出し合いながらというところになる」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」