野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

初対面の印象は?1番の思い出は? クロマティ氏×篠塚和典氏の特別対談(3)

巨人OBのウォーレン・クロマティ氏と篠塚和典氏の特別対談が実現した。“巨人史上最強助っ人”と呼ばれたクロマティ氏と球史に名を残す巧打者の篠塚氏は、7年間チームメートとしてプレー。今も熱い友情で結ばれている。「Full-Count YouTube」では、対談の様子を公開中。その全容を全3回に渡ってFull-Countで掲載する。

巨人時代の思い出話に花を咲かせたウォーレン・クロマティ氏(左)と篠塚和典【写真:荒川祐史】
巨人時代の思い出話に花を咲かせたウォーレン・クロマティ氏(左)と篠塚和典【写真:荒川祐史】

巨人では7年間チームメート、熱い友情で結ばれる2人が当時を振り返り大盛り上がり

 巨人OBのウォーレン・クロマティ氏と篠塚和典氏の特別対談が実現した。“巨人史上最強助っ人”と呼ばれたクロマティ氏と球史に名を残す巧打者の篠塚氏は、7年間チームメートとしてプレー。今も熱い友情で結ばれている。「Full-Count YouTube」では、対談の様子を公開中。その全容を全3回に渡ってFull-Countで掲載する。

 第3回は「巨人時代について」。1980年代の巨人を主軸として支えた2人が昔話に花を咲かせた。初対面の印象は? 一番の思い出は? 今まで明かされなかった秘話も交えて、思う存分語ってくれた。

――お二人は7年間、巨人で一緒にプレーしました。第1印象は?

クロマティ(以下、ク)「ハジメテは84年。王さんが監督で、チーム練習はタマガワでした。私は練習に初めて行ったけれど、チームメートはエガワさん、サダオカさん、ニシモトさん、ナカハタさん……全員スーパースターでした。最初のランニングは2人ずつが並んで走りました。シノさんは私の前を走っていて、こちらを向いてこう言ったのです。『マイネーム・イズ・シノ! シノヅカ! ユー、シノと呼んで! オッケー?』。彼だけが話しかけてくれました。絶対に忘れませんよ。たくさんプレッシャーがありました。これでリラックスできました。先輩だけど友達。長い時間、ベストフレンド。ランチに行きます。払うのは自分ばかりですが、ダイジョウブですよ(爆笑)」

篠塚(以下、篠)「(クロマティは)スマートというか、動ける選手じゃないかなというのはありましたね。それまで来る選手は、パワーはあるんだけど、動きがどうかという選手が多かったので。遠くから来ているわけだから、やっぱり活躍してほしいと、そういう思いがずっと自分の中ではあったので。見た目もこういう人を惹きつけるような明るさもあるし、それが彼の持ち味だったと思う。他の選手なんかも意外とスムーズに溶け込めたところがある。だから、彼がいつもさっき話したようなことを言ってくれて、自分の中でもホッとしているというか、最初のそれが良かったんだなという感じがありますよね」

――クロマティさんはスター軍団の敷居の高さを感じていた?

篠「うーん、感じたのかな、クロ(笑)。ジャイアンツというチームは彼が向こうにいるときから聞いていたと思うし、やっぱりある程度不安で入ってきたと思うので、その気持ちっていうのを少しでも和らげることが(できたと)彼の言葉を聞いてると感じたので、本当に嬉しかったですよね」

ク「(当時)我々はいいラインナップでしたよ。最初の監督はオウさん、次にフジタさん。ラインナップは良かった。三振は少なかったし、スピードもありました。パワーは少し。ハラさん、私、時々シノさん。シノさんはライナー打者でした。コンタクト率90%。三振はない。スピードは素晴らしい。盗塁、ヒットエンドラン。基礎技術が高かった」

篠「みんな個性があったよね。走れる選手、自分なんかがそうだけど打率を残せる選手、ホームランを打つ選手、打点も稼げる選手……。ファンの人が見てても、タイトルを取るんじゃないかっていう選手がいたので、それは面白かったと思いますよ、外から見てても。それが1つの強さの秘訣だと思います。ジャイアンツに対しては、エースがみんな投げていたわけだから。その中で勝っていく、タイトルを獲っていくというのは、他のチームとはちょっと違う。そういう意味ではそれなりのいい選手が揃っていたなと思いますよね」

――クロマティさんと篠塚さんのお互いのいいところは?

ク「彼はテクニシャン。ヒットを打てる。(相手の)右左関係なしに打てる。二塁の守備も素晴らしい。捕球がうまい。守備が柔らかい。ダブルプレーも取れる。万能型の素晴らしい選手。シノに関して心配の必要は全くありませんでした。ラインナップが発表されて、シノが出場すると、安心しました。内野でいいリーダーシップを誇っています。チームメートとしても最高。移動の(バスの)座席も隣でした。すごく重要な友情だったと思います」

篠「クラウチングスタイルというか、本当にああいうスタイルというのはメジャーの選手で主流だったこともあるかもしれないけど、よく腰を壊さないなと思ってましたけど(笑)。1年目より2年目、3年目、4年目と日本の野球、日本のピッチャーに慣れてきて、それだけ自分でも研究して。我々も彼のタイミングの取り方とかそういうものを見ながら勉強もしていました。自分が調子が悪い時には黙ってクロのバットを使って打ったりとかしながら、時々はバットをいただいたりして、そういう形でやっていました。彼も日本の野球では、ここではこういうバッティングをしなきゃいけないとか、チームに残りたいという思いでやってきたと思います。それが長く続き、7年間と長くチームに残れた。彼の性格もあると思います。そういうものがあって、彼が長くジャイアンツにいられたというところだと思いますよね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」