来春閉校の“最後の世代”が挑む夏 北海道・江陵が目指す頂点と人としての在り方

江陵の谷本献悟監督(左)と選手たち【写真:石川加奈子】
江陵の谷本献悟監督(左)と選手たち【写真:石川加奈子】

創部57年の歴史に幕を下ろす最後の部員20人

 ソフトバンク古谷優人投手の母校でもある北海道の江陵が最後の夏を迎える。北海道幕別町にある江陵は、道立の幕別と統合されて来春で閉校となる。現在の部員は3年生20人。1964年の野球部創部から57年間の歴史に幕を閉じる“最後の代”を意気に感じて入学した選手たちは、今夏の代替大会で北北海道の頂点を目指す。

 心の支えにしてきた合言葉“最初で最後の甲子園”は、その切符をつかむための土俵に上がることさえできなかった。甲子園中止が決まった5月20日、谷本献悟監督は寮に残っていた7人と自宅からオンラインで参加した選手13人とミーティングを開いた。春休みの本州遠征が中止になった時から最悪の事態を想定し「器が試される」とその時に何を伝えるかを考え続けてきた。

 甲子園がなくなったからといって人生は終わらない。誰が悪い訳でもない。たくさんの大人が開催を模索してくれた。つらい経験はその人の使命感につながる。今、健康で野球ができることは幸せ……。

 全て冷静に言えるはずだったが、選手の顔を見ているうちに、思い出がよみがえってきた。「毎日バットを振って、最初で最後の甲子園に行くって頑張ってきて……。でも行けなかった」。声を詰まらせて涙を見せたのはこの一瞬だけ。無理やり笑顔をつくって続けた。

「だけどお前らの人生は終わらないし、俺とお前らの関係も終わらない。このことがあって良かったと言える人生になることを信じている。やってきたことは間違ってない。お前たちと一緒に困難を乗り越えたことは幸せだった。また、みんなでグラウンドに出て、同じ夢を持って笑いながら野球ができる日が来る。まだまだ成長できる姿を高校野球ファンに伝えようぜ」

横浜から野球留学した尾崎主将「この高校を選んで正解だった」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY