野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

コロナで次男が夏を奪われた元甲子園V左腕 生死の境を彷徨い芽生えた指導者への情熱

高校時代に愛知の強豪・東邦でエースとして、1989年のセンバツで優勝し、中日、広島で左の中継ぎ投手として活躍した山田喜久夫さん。平成最初の甲子園優勝投手となった山田さんはプロ野球の世界でも10年間で222試合6勝8敗、防御率3.76の成績を残し、99年に現役を引退した。

中日、広島で活躍した山田喜久夫さん【写真:福岡吉央】
中日、広島で活躍した山田喜久夫さん【写真:福岡吉央】

次男も通う母校の東邦は生徒のコロナ感染で夏の独自大会を4回戦で辞退

 高校時代に愛知の強豪・東邦でエースとして、1989年のセンバツで優勝し、中日、広島で左の中継ぎ投手として活躍した山田喜久夫さん。平成最初の甲子園優勝投手となった山田さんはプロ野球の世界でも10年間で222試合6勝8敗、防御率3.76の成績を残し、99年に現役を引退した。

 あの甲子園の歓喜から31年。コロナ禍の今夏、東邦は生徒に感染者が出たため、愛知県の独自大会を4回戦で辞退。涙を流した3年生の中には、山田さんの次男である聖将(しょうま)くんの姿もあった。最後の夏を失われてしまった母校の後輩たちを、そして息子を、山田さんはどんな心境で見つめていたのか。母校への思いに迫った。

 2019年のセンバツで平成最後の優勝を勝ち取った東邦。山田さんが2年だった88年に準優勝し、そして翌89年にも優勝していた東邦は、30年ぶりに春5度目栄冠を手にした・だが、その年の夏は愛知大会2回戦で姿を消していた。そして今年、コロナ禍で春季大会が中止となった後、夏に開催された県独自大会では、思わぬ形で最後を迎えることになった。

 東邦は初戦で11-0で東海を下し、2回戦も中部大一に10-1で圧勝。3回戦も旭野を8-0で下し、順調に4回戦に駒を進めた。だが、7月26日に行われる予定だった半田との4回戦当日、野球部員ではない生徒の新型コロナウイルス感染が確認され、学校の判断で、大会への出場辞退を県高野連に申し出たのだ。

 山田さんは次男を車に乗せ、球場に向かっている道中で、学校からの一報を耳にした。「球場には行かず、学校に戻ってくるよう連絡が来た。でも、学校に戻ったら試合開始にはもう間に合わない。これはもしや…と思った」。学校のグラウンドに着くと監督が涙を流していた。「案の定だった」。3年生の最後の夏は、1度も負けないまま、不完全燃焼で突然幕を閉じた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」