大谷一問一答 強烈ピッチャー返し好捕は「たまたま」 6回途中0封も「7回いけた」

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

6回途中7奪三振6四球1安打無失点、救援陣が打たれて2勝目ならず

■レイズ 3ー1 エンゼルス(日本時間6日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地のレイズ戦で今季4度目の先発登板に臨んだ。投打同時出場せずに投球に専念し、6回途中で7奪三振6四球、1安打無失点と好投。勝利投手の権利を持って降板したが、救援陣が打たれて2勝目はお預けとなった。防御率2.41、フォーシームは最速99.8マイル(約160.6キロ)。チームは逆転負けで4連敗。地区最下位に転落した。

 大谷は制球に苦しみながらも奪三振ショーを演じた。初回、2四球で招いた2死一、二塁ではキアマイアーをスプリットで空振り三振。2回2死一塁でアダメスから、4回2死一塁ではフィリップスから空振り三振を奪い、5回は2三振を奪った。6回に2者連続四球を与えたところで降板。84球を投げてストライク47球だった。

 筒香嘉智とはメジャー初対決だった。2回1死は初球96.4マイル(約155.1キロ)のフォーシームで力のない左飛に。4回2死は四球を与え、日本時代の2015年以来の対決は1打数無安打1四球だった。

――初回に制球が乱れる。改善するためにやっていることは。
「初回の入りはどの投手も難しいところがあると思うんですけど。どちらかというと投げ急ぎで早く終わりたいという心理が働くのかと思うので。そこでいかに落ち着いていけるかが大事なのかなと思います」

――四球を出したが、最少失点に抑えている。自信につながるか。
「ボール自体は悪くないのかなという感じですけど、もちろん四球が少なければ、もっともっと長いイニングを投げられますし。今日も7回ぐらいいけたんじゃないかなと思うので。そうすれば、もっと自分自身も楽になりますし、チームとしても、もっともっと楽になるんじゃないかなと思います」

――2回以降は制球が安定した。打者の反応を見て自信がついたか。
「場所に慣れるというのもそうですし、打者の反応を見ながら投げてはいるので。スプリットにいい反応をしているなと思ったら真っすぐでいいと思いますし、その逆も然りなので。まぁそれはキャッチャーの仕事でもありますし、僕自身も感じたところかなと思うので。自然に良くなっていくのは先発投手は、みんなそうじゃないかなと思っています」

右手中指マメは「大丈夫でした。死球がなかったらもう少し早く投げることが出来た」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY