野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元阪神・的場氏と元ロッテ・内氏が育成現場に新風「野球指導は一方通行が多い」

2021年5月、野球界に新たな風が吹きこむ。元阪神の的場寛一氏と元ロッテの内竜也氏がコーチを務める野球アカデミー「Bring Upベースボールアカデミー戸田校」が開校することになった。5日、埼玉県内で行われた記者会見に揃って出席。ともにドラフト1位でプロ野球界入りした2人が描く育成ビジョンについて明かした。

記者会見に集結した「BU」メンバー(左から鈴木貴人氏、内竜也氏、豊田浩之氏、的場寛一氏、菊谷崇氏)【写真:荒川祐史】
記者会見に集結した「BU」メンバー(左から鈴木貴人氏、内竜也氏、豊田浩之氏、的場寛一氏、菊谷崇氏)【写真:荒川祐史】

5月開校「Bring Upベースボールアカデミー戸田校」で小学生をコーチ

 2021年5月、野球界に新たな風が吹きこむ。元阪神の的場寛一氏と元ロッテの内竜也氏がコーチを務める野球アカデミー「Bring Upベースボールアカデミー戸田校」が開校することになった。5日、埼玉県内で行われた記者会見に揃って出席。ともにドラフト1位でプロ野球界入りした2人が描く育成ビジョンについて明かした。

少年野球の保護者、指導者の疑問も取材中 解決方法は「Full-Count ROOTS」へ

 阪神で6年プレーした後、社会人のトヨタ自動車では確かな打撃で活躍した的場氏。一方、今年1月に引退宣言するまでロッテ一筋17年の現役生活を送った右腕の内氏。現役時代に接点はなかったが、野球界の未来を想う熱い気持ちが引退後、2人を「Bring Up Athletic Society」(BU)で引き寄せた。

「BU」とは、元ラグビー日本代表の箕内拓郎氏、小野澤宏時氏、菊谷崇氏と、元アイスホッケー日本代表監督の鈴木貴人氏が主宰するマルチスポーツアカデミー。スポーツを通じたコミュニケーション能力や問題解決能力の育成を図り、競技の枠を超えて選手はもちろん、コーチも成長し続けることを目指す団体だ。2018年の発足当初からあるラグビー、アイスホッケーに続き、2020年にはランニングパフォーマンス(陸上)とベースボールが加入。そして今回、ベースボールアカデミーとしては2校目となる戸田校で、的場氏と内氏がコーチを務めることになった。

 現役時代から指導者への道を考えていたという内氏は「野球は指導者から選手へ一方通行に教える形が多い。今もまだそうやっているスクールやアカデミーが多いと聞き『それで子どもは楽しいのかな』と思っていました」と話す。自身は現役時代、故障が重なり手術も多かったが「ずっと野球が楽しかったです。僕は言われたことをやるのではなく、自分から考えてやっていた側。言われたことをやっていれば上手くなるわけじゃないですから」と振り返る。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」