「できることも見えてきた」 担当者に聞く、コロナ禍での楽天「FANS’ MATCH」

掲出されるメッセージを熟読する楽天・辰己涼介【写真提供:楽天野球団】
掲出されるメッセージを熟読する楽天・辰己涼介【写真提供:楽天野球団】

「ファンとともに勝利を掴む」をスローガンに2017年より始動

 楽天生命パーク宮城で5月29日に行われた楽天-DeNA戦は「FANS’ MATCH」と銘打たれ、多くのファンが来場した。来場者は1万3057人で、同日開催された全6試合のうち最多の動員者数を記録(2試合は無観客開催)。田中将大投手の好投だけでなく、数々のイベントでスタジアム一体が賑わう盛況ぶりを見せた。

 その秘けつを探るべく、楽天の総合企画室ファンサービスグループ・山本澪さんに話を聞いた。コロナ禍でいまだ規制が多い中、さまざまな趣向を凝らし、新しいファンサービスを模索する様子に迫る。

 楽天が主催する「FANS’ MATCH」は「ファンとともに勝利を掴む」をコンセプトに、前身の「FANS’ DAY」から名前を変えて2017年からスタート。来場者に対して、東北・宮城では「伊達の勝色」とも言われる濃紺“ヴィクトリーネイビー”を纏ったユニホームが配布される。

 5月29日の「FANS’ MATCH」は、4月25日に続き、今季2度目の開催。オンラインイベントが主体となったが、「いい意味で、選手もお客様もオンラインへの理解が深まった」と山本さんは話す。それは運営側にも言えることで、今後は「その中でも可能性を模索し共存していきたい」という。

一貫して重視したのは「TEAM EAGLES」会員へのサービス

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY