野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

新日本プロレスの人気覆面レスラー、タイガーマスクは、プロレス界きっての巨人ファンとして知られている。子どもの頃、当時スーパースターだった原辰徳選手に憧れて以来の大ファン。「僕はとにかく原監督が大好きです」と、溢れる愛を隠さない。

6月19日に開幕の今季プロ野球、タイガー推しの原・巨人は阪神と開幕戦

 新日本プロレスの人気覆面レスラー、タイガーマスクは、プロレス界きっての巨人ファンとして知られている。子どもの頃、当時スーパースターだった原辰徳選手に憧れて以来の大ファン。「僕はとにかく原監督が大好きです」と、溢れる愛を隠さない。

【PR】2020年シーズンは11チームの試合を配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今年2月には遠征先の沖縄で、キャンプ中だった巨人と原監督を訪問。「いろいろお話をさせていただいて『今年は絶対にトップに行くよ!』なんて言葉も聞かせていただいたから、今年は原監督の意気込みも違うな、なんて楽しみにしていたんですよ」と振り返る。

 だが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、3月20日に予定されていた開幕は延期。選手は約2か月に及ぶ自主練習を積んでいたが、6月19日、いよいよプロ野球は開幕を迎えた。当面は無観客での試合開催となる予定だが、こんな時、野球を愛するファンに欠かせないアイテムとなるのが、スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」だ。

 DAZNでは今季、広島を除く11球団の主催試合をライブ配信する予定で、6月19日の開幕戦から7月2日までセ・パ両リーグの全試合をライブ配信でお届けする。「球場に足を運べないファンにとっては、うれしい限りですよね」と話すタイガーマスク。自身も地方への遠征が多く、長い移動時間を過ごしているが、そんな時に「野球の試合が気になると、インターネットで途中経過を調べています」という。

「オンラインとか、ちょっと疎くて……(笑)」と、これまでDAZNを利用した経験はなかったというタイガーマスクだが、今シーズンからは快適なファンライフが過ごせそうだ。DAZNでは試合終了までライブ配信で熱戦の様子を楽しめるほか、ライブで視聴できなかった時には見逃し配信やハイライトをいつでもどこでも見放題。移動時間はもちろん、自身の試合が始まる前や終わった後、会食に出掛ける道すがら、トレーニングの合間など、スマートフォンやタブレットがあれば、時間や場所を問わずにプロ野球を楽しめる。

「なるほど。それはいいですね。原監督や選手の皆さん、球団関係者の方とも親しくさせていただいているので、どんな活躍をするのか楽しみなんですよ。新日本プロレスでは海野(宏之)レフェリーも巨人が好きで、2人でよく情報はチェックしているんです。『今、どうですか?』って聞くと、『今日はダメだな』とか『今日の勝ちは間違いない!』とか、2人で常に教え合っているくらい(笑)。DAZNを使えば、もっと楽しめるようになるわけですね」

【PR】2020年シーズンは11チームの試合を配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

タイガーマスク注目は大城卓三選手 「やってくれるんじゃないかと…」

 待望の開幕戦。巨人は本拠地・東京ドームに阪神を迎える“伝統の一戦”からのスタートとなった。コロナ禍でイレギュラー開催となる今季が、特別な年として球史に刻まれることは間違いないが、それに加え、タイガーマスクは「開幕シリーズで何か歴史に残るような出来事が生まれたらいいなと思うんですよね」と期待を寄せる。

【PR】2020年シーズンは11チームの試合を配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 活動自粛の期間を挟みはしたが、2月に沖縄で感じた原監督の日本一への思いは変わらないと、タイガーマスクは信じている。たびたびキャンプや試合に訪れているが、今季の本気度は例年と比べものにならないという。

「去年の日本シリーズでソフトバンクに4連敗したことが、原監督自身かなり悔しかったらしいです。だから、選手にも少しハッパをかけているなんて言っていましたし、選手に対する期待感が違いましたね。ただ、今年のセ・リーグはどの球団も侮れない。だからこそ、原監督もものすごく気合が入っているのかなと思います。

 僕が期待しているのは、大城(卓三)選手。原監督はキャッチャーにすごく注目していて、大城選手、炭谷(銀仁朗)選手、小林(誠司)選手、みんな甲乙付けがたい中でも『大城はすごくいいな』と話していました。一時期、チームを離れていましたが、やってくれるんじゃないかと期待しています」

 プロ野球同様、新日本プロレスも当面は無観客で大会が行われる。「やっぱりお客さんの声のチカラは絶大ですから、特に野球は4万人近いファンが一斉に応援してくれるのは、すごく気持ちがいいでしょう。当然プロレスもそうですけど、会場が一つになって応援してくれるのは、本当にありがたい」と、ファンの声援が持つパワーについて話す。ファンは当面、画面越しの応援を続けることになるが、「今年はちょっと我慢の年」(タイガーマスク)にDAZNは必須アイテムとなりそうだ。

 原巨人の日本一を信じて止まないタイガーマスクだが、未曾有の事態に社会全体が不安を抱く今年は、プロ野球12球団全てが協力し、熱戦を届けてほしいという。

「巨人に独り勝ちしてもらいたいですけど、今年はプロ野球みんなで協力して、盛り上がる試合をしてほしいですよね。まず、野球が元気にできるようになったら、他のスポーツがついてくる気がするので。格闘技ではプロレス、球技では野球が、それぞれ元気を出して盛り上げていきたいですね。僕もDAZNを見ながら、応援します」

 6月19日開幕の今季プロ野球。DAZNは今季、タイガーマスクの巨人愛をより一層深めるアイテムとしても活躍しそうだ。

【PR】2020年シーズンは11チームの試合を配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

(Full-Count編集部)