野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

インタビュー/解説 - 野口寿浩 新着記事

  • “セオリー通りの配球”で痛恨被弾した巨人バッテリー 元捕手が読む中村晃の心理

    福岡ソフトバンクホークス

    24日にPayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第3戦は、ソフトバンクが4-0で巨人を下し、3連勝で4年連続日本一に王手をかけた。巨人バッテリーはソフトバンク中村晃に先制2ランと適時打を許し、3打点を献上。いぶし銀の左の好打者を抑えられなかったことが敗因につながった。現役時代、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で計21年間プレーし、2018年まで2年間ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は、この勝負について「配球やコースを予想していた中村晃の読み勝ち」と分析した。

    続きを読む
  • 巨人バッテリーに専門家が苦言「甘い真っ直ぐを見逃されたら、なぜと疑わないと」

    読売ジャイアンツ(巨人)

    巨人は京セラドームで行われた「SMBC日本シリーズ」第1、2戦でソフトバンクに連敗。24日には舞台をPayPayドームに移して第3戦に臨むが、昨年も鷹に0勝4敗と一蹴されている原巨人に、挽回の可能性はあるのだろうか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で21年間捕手として活躍した野口寿浩氏は、巨人バッテリーの観察力に疑問を呈した。

    続きを読む
  • 連敗スタートの巨人が巻き返すためのキーマンは? 流れを変えるベテラン捕手の存在

    読売ジャイアンツ(巨人)

    巨人は22日に京セラドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第2戦で、ソフトバンクに2-13の大敗を喫し0勝2敗。0勝4敗で一蹴された昨年のトラウマがよみがえる展開だが、原巨人が逆襲に転じる糸口はあるのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で21年間も捕手として活躍した野口寿浩氏が提言した。

    続きを読む
  • 昨年は坂本、今年は岡本… 鷹バッテリーが徹底した“キーマン封じ”の意図は?

    福岡ソフトバンクホークス

    2年連続でソフトバンクと巨人の顔合わせとなった「SMBC日本シリーズ2020」。21日に京セラドームで行われた第1戦は、ソフトバンクが5-1で先勝した。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で21年間も捕手として活躍した野口寿浩氏によると、昨年は坂本勇人内野手を徹底マークして功を奏したソフトバンクのバッテリーが、今年は4番の岡本和真内野手に照準を合わせたことがうかがえたという。

    続きを読む
  • 5年連続3割達成の広島・鈴木誠也への対策は? 元捕手が楽天を例に挙げる訳

    野口寿浩

    広島の鈴木誠也外野手が10日、敵地・神宮球場でのヤクルト戦で4年ぶりに「1番」で出場し、3打数3安打で代走を送られ交代。今季打率がジャスト3割(430打数129安打)に達し、球団史上初の5年連続打率3割が確定した。11日の今季最終戦は欠場する見込み。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で21年間に渡って捕手として活躍した野口寿浩氏が“キャッチャー目線”で分析した。

    続きを読む
  • 藤川球児は「とてつもなかった」 元女房役が語る人間離れした軌道と右腕の本音

    藤川球児

    今季限りで現役を引退する阪神・藤川球児投手が10日、本拠地・甲子園球場で行われた巨人戦の9回に登板。全12球ストレートで3者凡退に仕留めた。2003年から08年まで6年間阪神に捕手として在籍し、藤川ともバッテリーを組んだ野口寿浩氏が、“火の玉”と呼ばれた独特の軌道のストレートを捕球した感触と、藤川の人柄を示す逸話を振り返る。

    続きを読む
  • ヤクルト奥川、3回途中KOも無限の可能性 専門家が「楽しみしかない」と語る理由

    奥川恭伸

    ヤクルトのドラフト1位ルーキー・奥川恭伸投手が10日、本拠地での広島戦でプロ初登板初先発。1軍デビューを果たしたが3回途中9安打、2奪三振無四死球5失点で降板しプロ初黒星を喫した。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で捕手として21年間活躍した野口寿浩氏はそれでも「来季へ向けて楽しみしかない」と評した。

    続きを読む
  • 打撃向上で厄介さ増す鷹周東…専門家が指摘する“打倒ソフトバンク”の戦い方

    福岡ソフトバンクホークス

    ソフトバンクが31日、敵地で西武に11-2で勝利した。前日に“世界記録”となる13試合連続盗塁を成功していた周東佑京内野手は、盗塁できずに記録がストップ。だが、圧倒的な足は相手に脅威を与え続けている。現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で活躍し、2018年まで2年間ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は、2週間後に始まるクライマックスシリーズ(CS)で周東が勝負の鍵を握ると指摘。「相手チームがソフトバンクに得点を与えないようにするためには、周東を出塁させないことが大事」と話した。

    続きを読む
  • 阪神近本、2年連続盗塁王へ逃げ切りなるか? 専門家が指摘する「タイトルの近道」は

    野口寿浩

    阪神が28日、本拠地で9-1で中日を下し、2位とのゲームを1に縮めた。「1番・中堅」の近本光司外野手が4安打2打点1盗塁の活躍。盗塁数をリーグトップの25に伸ばした。だが、2位の巨人・増田大もこの日3盗塁を決め、22と3差に縮めており、ここにきて盗塁王争いは白熱するばかり。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で活躍し、18年まで2年間、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「阪神は今、打線が好調で、終盤に点差が開くことがあるので、盗塁王を狙うなら、走るチャンスがなくなる前に走るべき」と指摘した。

    続きを読む
  • 阪神藤浪の先発起用の意図はどこに? 専門家は疑問「中継ぎで何か掴みかけていた」

    藤浪晋太郎

    阪神が28日、本拠地で中日を9-1で下した。ブルペンデーとなったこの日、阪神は藤浪晋太郎投手がオープナーとして先発。4回1失点(自責0)でチームを勝利に導いた。だが、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で活躍し、18年まで2年間、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「藤浪は中継ぎになって何かを掴みかけていた。来季から先発に戻すのであれば、今季は100%の力で腕を振って投げる中継ぎで最後まで使ったほうがよかったのではないか」と、先発起用に疑問の声をあげた。

    続きを読む
  • 1位は楽天、2位はDeNA…巨人と阪神は? 専門家が12球団の指名を順位付け

    ドラフト

    2020年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、都内のホテルで開催され、支配下指名で74選手、育成指名で49選手が指名された。今季も多くの球団の試合を現地で解説している野球評論家の野口寿浩さんによるドラフト総括。評価は数年経ってみないとわからないが、今年のウィークポイントを補えたかどうかという観点で評価をしてもらった。

    続きを読む
  • 燕・村上3冠王のカギ握る? 専門家が読むセ首位打者争い「上位5人にチャンスあり」

    中日ドラゴンズ

    中日は22日、ホームでDeNAを1-0で下した。首位打者争いを繰り広げる中日・大島洋平外野手は4打数2安打で打率も.324に上昇。打率.328でトップを走るDeNA・佐野恵太内野手はこの日も背中の張りで欠場した。これでレギュラーシーズンも残り半月。セ・リーグの首位打者争いは、僅差に5人がひしめく大混戦だ。現役時代、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で活躍し、18年まで2年間、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「上位5人にチャンスがある」と、タイトル争いを展望した。

    続きを読む
  • 中日大野雄、6度目完封で巨人菅野と熾烈な沢村賞争い 専門家が絶賛する両者の共通点

    中日ドラゴンズ

    中日が22日、本拠地でDeNAを1-0で下した。エース左腕・大野雄大投手が6安打9奪三振の好投で、今季6度目の完封勝利。15年以来、5年ぶり4度目の2桁となる10勝目を挙げた。連続イニング無失点記録は45イニングとなり、球団記録を更新。これで、巨人・菅野との沢村賞争いもさらに白熱する。現役時代、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で活躍し、18年まで2年間、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「どちらも素晴らしい。甲乙つけ難く、同時受賞があってもいい」と話した。

    続きを読む
  • オリドラ1宮城は「4本柱になれる」 専門家が絶賛した天賦の才と将来への期待感

    オリックス・バファローズ

    オリックスは18日、敵地での西武戦に2-3で敗れた。興南高から今季ドラフト1位で入団した19歳の宮城大弥投手は6回5安打3失点と粘投したが、プロ2度目の先発で初黒星を喫した。リーグ最下位のオリックスは来季を見据え、中嶋聡監督代行が若手を積極的に起用しており、宮城もその1人。現役時代、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で活躍し、18年まで2年間、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「テンポが良く、強い直球が投げられている」といい「将来、先発ローテに入っていけるだけの要素は持っている」と評価した。

    続きを読む
  • 西武平良は熾烈な新人王争いを制するか? 専門家が求める「特筆すべき数字」

    埼玉西武ライオンズ

    西武は18日、本拠地メットライフドームで行われたオリックス戦を3-2で勝利した。パ・リーグ新人王候補のセットアッパー、プロ3年目の平良海馬投手は3番手として8回に登板。1イニングを無失点に抑え、ホールド数を25に伸ばした。新人王は楽天・小深田大翔内野手との一騎打ちの様相。現役時代、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で活躍し、18年まで2年間、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「これまでの2人の活躍の印象は同じくらい」と明かし、平良がタイトルを獲得するためには「防御率、ホールドポイントを上げ、印象を残すことが大事」と話した。

    続きを読む
  • 阪神が屈辱の9年連続巨人戦負け越し OB捕手も指摘する“実力以上の差”と2つの疑問

    野口寿浩

    阪神は3日、本拠地・甲子園球場で巨人に4-7で敗れ、9年連続で巨人への負け越しが決まった。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で捕手として計21年間活躍し、18年まで2年間ヤクルトのバッテリーコーチを務めた野口寿浩氏は、巨人に先制を許した場面での梅野隆太郎捕手の配球と、先発のジョー・ガンケル投手の6回続投に疑問を呈した。

    続きを読む
  • 巨人・丸、塁上で見せた“いやらしさ” 専門家が「No1の貢献度」と言う訳

    丸佳浩

    巨人は3日、敵地・甲子園球場で阪神を7-4で下し、優勝マジックを19とした。4回に決勝の先制適時二塁打を放った丸佳浩外野手は、広島で2018年までリーグ3連覇を達成した後、FA移籍した巨人でも2連覇に近づいている。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で捕手として計21年間活躍し、2018年まで2年間ヤクルトのバッテリーコーチを務めた野口寿浩氏は「丸の“野球偏差値”とチームへの貢献度は、非常に高い。おそらく巨人でナンバーワン」とうなる。

    続きを読む
  • 打撃“オール最下位”でも中日は「嫌な相手」 8年ぶりAクラスへ専門家は先発陣に注文

    中日ドラゴンズ

    中日は23日、本拠地でヤクルトに11-5で勝ち、5連勝を飾った。83試合を終えて、38勝40敗5分でリーグ4位。首位巨人には14ゲーム差と大きく水を開けられているが、2位阪神とは2.5差、3位DeNAとは1差と、射程圏内に位置している。7年連続Bクラスからの脱却を目指す中、残り37試合で何が必要なのか――。現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、DeNAで活躍し、2018年まで2年間、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「先発投手の頑張り」だと断言する。

    続きを読む
  • 2戦勝ちなし歳内はヤクルトで活躍できる? 専門家が重視する“第3の球種”

    東京ヤクルトスワローズ

    ヤクルトは23日、敵地ナゴヤドームで中日に5-11で敗れ、3連敗を喫した。先発の歳内宏明投手が、NPB復帰後2戦目となる先発のマウンドで、2回1/3を投げ8安打5失点。移籍後初黒星を喫し、阪神に在籍していた2015年以来、5年ぶりとなる白星とはいかなかった。現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、DeNAで活躍し、18年まで2年間、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野口寿浩氏は、フォークを生かすための組み立ての必要性を説いた。

    続きを読む
  • 3戦4発の阪神・近本が見せた「長打力」 専門家が語る今後への効果とは?

    野口寿浩

    阪神は17日、敵地で巨人を11-0で下し、今季初めて東京ドームの白星を挙げた。「1番・中堅」で出場した近本光司外野手が2本塁打の活躍。15日の同カードでにエース菅野から2本塁打を放った男が、またも東京ドームで1試合2本塁打をマークした。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で活躍し、18年までヤクルトで2年間ヘッドコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「相手バッテリーの攻め方が今後変わってくるはず」と3戦4発の効果を予測した。

    続きを読む

注目選手

人気のタグ

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」