野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

セ・リーグCS ファイナル第2戦 広島のキーマンは?

巨人と広島によるクライマックス・シリーズ最終ステージ第2戦が17日、東京ドームで行われる。16日の初戦は広島先発の大竹寛が粘りの投球を見せながらも、2回にもらったリードを守り切れなかった。

巨人

エース・前田健太の登板が濃厚

 巨人と広島によるクライマックス・シリーズ最終ステージ第2戦が17日、東京ドームで行われる。16日の初戦は広島先発の大竹寛が粘りの投球を見せながらも6回、レギュラーシーズンで4打数4安打、被打率10割の相手・坂本勇人に同点ホームランを浴び、2回にもらったリードを守り切れなかった。

 広島からすると第2戦は、負ければ巨人に日本シリーズ進出王手を許す大事な一戦。その広島は中4日でエース・前田健太の登板が濃厚だ。マエケンは今季巨人に対して4戦3勝0敗と好成績を収めており、大きな期待がかかる。一方、巨人の先発となるルーキーの菅野智之も広島戦は7試合で4勝1敗と、こちらも相性は抜群。このデータ通りならば、白熱した投手戦が展開されるに違いない。

 16日の試合で見られたように、巨人は1点を守り切る野球を得意とする。中盤戦以降を澤村拓一、山口鉄也、スコット・マシソン、西村健太朗とつなぐ継投は、まさに必勝パターンだ。つまり、広島が巨人を倒すには、先発投手から序盤のうちに点を取ることが重要なポイントとなる。その意味でも、菅野に対して20打数9安打、打率4割5分という対戦成績を誇る1番打者・丸佳浩の出塁が鍵を握るだろう。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング