野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

いよいよ2013年ドラフト会議 投手ビッグ5の行方は?

10月24日にいよいよドラフト会議が開催される。各球団とも最終のスカウト会議を終え、絞り込みに入った。ただ、当日の会場で最終決定を下す球団も多く、最後まで心理戦、情報戦が続くことが予想される。

matsui

「投高打低」の様相を呈する今年のドラフト

 10月24日にいよいよドラフト会議が開催される。各球団とも最終のスカウト会議を終え、絞り込みに入った。ただ、当日の会場で最終決定を下す球団も多く、最後まで心理戦、情報戦が続くことが予想される。

 今年のドラフト1位候補選手は「投高打低」の様相を呈しており、特に投手の争奪戦は注目のポイントだ。また、投手の上位指名を見据える球団でも、その獲得方針が即戦力か育成かによって選手の選び方も変わってくる。いずれにせよ、投手の上位指名は、この5人に絞られそうだ。

【松井裕樹】(桐光学園・左投左打)ロッテ、ソフトバンク、ヤクルト、横浜DeNA等が上位指名候補にリストアップ

 3年の夏こそ甲子園出場はならなかったが、昨夏の甲子園1回戦・今治西戦では大会史上最多の10連続奪三振と1試合22奪三振を記録。ただ、まだ高校生ということもあり、育成方針の強い球団が指名を検討している。松井自身は「12球団、指名していただければどこでもいきます」と全球団OKの姿勢。今ドラフトで注目度NO1のドクターKは11月以降のメディア露出が最も多くなることが予想され、競合必至でも獲りにいく価値がある。

【大瀬良大地】(長崎日大高―九州共立大・右投右打)ソフトバンク、ヤクルト等が上位指名候補にリストアップ

 大学生NO1右腕の呼び声の高い本格派。各球団のスカウトも「トップクラス」、「すぐにローテに入れる」と評価が高い。カットボール、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップと変化球も多彩で、安定した下半身から投げ込む直球は150キロを超える。気迫を前面に押し出すタイプで、すでに完成された投手。大学では主将を務めた経験もあり、キャプテンシーがある。将来のエース候補。高校時代は甲子園で西武・菊池雄星(花巻東)と投げ合い、5対8で敗れている。

人気記事ランキング