野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 上原、田澤の前に立ちはだかる“米史上最強打者”カルロス・ベルトラン

上原、田澤の前に立ちはだかる“米史上最強打者”カルロス・ベルトラン

ポストシーズン史上最高のバッターは? ワールドシリーズ開幕を23日に控え、米全国紙USAトゥデーは「ポストシーズン・ベスト10ヒッター」という特集記事を組んだ。

full-count7

ポストシーズン史上最高のバッターは?

 ポストシーズン史上最高のバッターは? ワールドシリーズ開幕を23日に控え、米全国紙USAトゥデーは「ポストシーズン・ベスト10ヒッター」という特集記事を組んだ。

 今回、世界一を目指すレッドソックスにはデビッド・オルティスがいるが、10月に強いイメージがあるスラッガーも圏外の15位に沈んでいる。独断と偏見で決められたランキングの1位は、上原浩治、田澤純一が迎え撃つあの選手だった。

 10位はヤンキースの現役プレーヤーであるデレク・ジーター。プレーオフでの出場試合、得点、単打、二塁打などで歴代1位を記録。三塁打は1位タイ、ホームランは3位、打点は4位、四球は5位、盗塁は6位と成績はいずれも上位にランクしている。

 9位はジョージ・ブレット。現役生活を弱小球団のロイヤルズで全うしたが、1985年のポストシーズンでは、ブルージェイズとのリーグ優勝決定シリーズ第3戦で4打数4安打2本塁打と爆発。このほかの試合でも打ちまくり、ワールドシリーズを制覇している。

 8位にはレニー・ダイクストラが入った。1986年ではメッツで世界一。フィリーズ時代の1993年にもワールドシリーズに出場して出塁率5割を記録した。そのシリーズでダイクストラのMVPを阻んだのが7位のポール・モリターだ。打率5割、10得点でブルージェイズを世界一に導き、MVPに輝いた。

人気記事ランキング