野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本シリーズ第4戦 巨人が貧打解消へ 起爆剤の投入

第3戦は楽天が巨人の強力打線のお株を奪う13安打の猛打で5-1と快勝した。6安打の巨人は、5番の高橋由伸、6番のホセ・ロペスにここまで1本もヒットが出ておらず、打線が機能していない。

巨人

巨人は矢野謙次をスタメン起用か

 第3戦は楽天が巨人の強力打線のお株を奪う13安打の猛打で5-1と快勝した。6安打の巨人は、5番の高橋由伸、6番のホセ・ロペスにここまで1本もヒットが出ておらず、打線が機能していない。勝利した第1戦では右腕・則本昂大から2得点、2戦目は田中将大から1得点で、3試合で4得点。これではなかなか勝利には結びつかない。

 第4戦の先発投手は巨人がホールトン、楽天がハウザーと発表になった。巨人はクライマックス・シリーズから通じて、初めて左投手の先発投手と対戦することになった。これまで1番・長野久義から始まる打順をほぼ変えずに戦ってきたが、不振の打線や相手投手の左右の変更により、打順の変更が予想される。

 可能性が高いのは、第3戦の8回にホームランを放った巨人が誇る代打の神様、矢野謙次外野手のスタメン投入だろう。シーズン中も相手の先発投手が左になると、スタメンで起用されてきた。昨夜の試合も0点で終わっては後味が悪かったが、思い切りのいいスイングで東京ドームの空気を変えた。試合に負けたとはいえ、見ていた巨人ファンも矢野のホームランで一矢を報いたような気持ちになったはずだ。

 今年も代打でヒットを数多く打ってきた元気印の矢野が、1勝2敗と負け越したチームの起爆剤として先発起用され、活躍すれば、巨人は勢いを取り戻せるはず。右の代打にはベテラン・谷佳知も控えている。起爆剤として投入される打者は、外野手の左打者である高橋や8打数1安打の亀井善行と入れ替わる可能性が高い。これまで3試合と違った形で挑めば、流れは変わるかもしれない。

 一方、勝ち越した楽天は第4戦で王手をかければ、悲願の日本一にかなり近づく。あと1勝を則本、あるいは、マー君で取ればいい。打線も好調。屋根付き球場で寒さも感じず、伸び伸びとプレーしている。第4戦は、立ち上がりに難のあるホールトンを早めに打ち崩せるかがカギ。投手陣も眠っている巨人打線を起こさないこと、投入されそうな起爆剤・矢野を抑えることが重要だ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング