野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハムが鶴岡慎也の人的補償で狙う人材は誰だ?

日本ハムは鶴岡慎也捕手(32)のFA移籍に伴い、同選手を獲得したソフトバンクに対して人的補償を要求することになる。先日、プロテクトされた28人の選手が明記されている書類が、ソフトバンクから日本ハム球団に届いた。

日本ハム

栗山監督は左投手の獲得を望んでいる

 日本ハムは鶴岡慎也捕手(32)のFA移籍に伴い、同選手を獲得したソフトバンクに対して人的補償を要求することになる。先日、プロテクトされた28人の選手が明記されている書類が、ソフトバンクから日本ハム球団に届いた。栗山英樹監督は「投手でしょう」と話しており、今後はプロテクトから漏れた中から人的補償で獲得する選手の選定作業を進めていく。

 栗山監督の言った「投手でしょう」という言葉をはじめ、球団関係者らの考えを総合すると、どうやら、左投手の補強に重きを置いているようだ。

 日本ハムの左の先発は、武田勝、また、今年は成績が残せなかったが、昨年14勝の吉川光夫がいる。リリーフ陣を見ると、左の中継ぎは宮西尚生が今季57試合に登板し、防御率1・74の好成績を収めた。石井裕也も51試合を投げるなど奮闘している。

 ただ、一見、揃っているようにも左腕だが見えるが、そうとも言いきれない。勝ちゲームならば、2人を使っていけばいいが、負けている展開や同点の場面で起用できる左腕投手がもう1、2枚いれば、試合を有利に進めることができたゲームが多くあった。どのチームも必要としている左の中継ぎ投手。日本ハムも例外ではなく、場合によっては先発もできる左腕がほしいところだ。

 一方、ソフトバンクの投手陣を見てみると、プロテクトが有力なのは森福允彦や武田翔太、千賀滉大、攝津正、五十嵐亮太、柳瀬明宏、嘉弥真新也ら。好投手が揃っているため、1軍の戦力として十分に使える投手がプロテクトから外れている可能性も高い。

人気記事ランキング