野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 和田はなぜオリオールズに残らなかったのか カブス入団の真相とは?

和田はなぜオリオールズに残らなかったのか カブス入団の真相とは?

新天地でメジャーデビューを勝ち取れるだろうか。オリオールズとの2年契約を終えて退団した和田毅投手(32)が、カブスとマイナー契約を交わした。招待選手として来春のメジャーキャンプに参加し、サバイバルに挑むことになる。

full-count6

メジャー昇格を果たせない屈辱の結果

 新天地でメジャーデビューを勝ち取れるだろうか。オリオールズとの2年契約を終えて退団した和田毅投手(32)が、カブスとマイナー契約を交わした。招待選手として来春のメジャーキャンプに参加し、サバイバルに挑むことになる。

 ソフトバンクから海外FA権を行使し、2011年オフにオリオールズと2年総額815万ドル(約8億4000万円)を結んだ左腕だが、春季キャンプ中に左肘を故障。5月に靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受け、入団1年目を棒に振った。今年5月に復帰し、3Aノーフォークで登板を重ねたものの、最後まで昇格を勝ち取れず。2年間でメジャーデビューを果たせないという屈辱の結果だった。

 そんな和田がカブスと契約を交わすと、一部のファンからは批判の声が上がった。「マイナー契約でもオリオールズに残留し、恩を返すべきではないか」という類のものである。815万ドルのサラリーを支払い、手術までさせてくれたオリオールズで、左腕が力になれなかったことは確かだ。ただ、この批判には誤解がある。

 シーズン終了後の流れを振り返ってみよう。ポストシーズンが終わってから、オリオールズは500万ドル(5億1500万円)での来季契約の選択権を行使しなかった。そして、球団側がマイナー契約での残留を望んでいると地元紙が伝えている。ダン・デュケットGMは10月中旬のGM会議中でも、その意向を明かした。しかし、その約2週間後には、同GMが左腕へのマイナー契約を検討していたと明かした上で「その可能性もなくなった」と話したことが報じられている。

人気記事ランキング