野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 30億円プレーヤー誕生の陰に黒田の存在あり カーショーとの熱い友情とは

30億円プレーヤー誕生の陰に黒田の存在あり カーショーとの熱い友情とは

メジャーでついに「30億円プレーヤー」が誕生した。ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手(25)が、7年総額2億1500万ドル(約226億円)で契約延長に合意したのだ。

ドジャース

2008年に“ルーキー”として出会った黒田とカーショー

 メジャーでついに「30億円プレーヤー」が誕生した。ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手(25)が、7年総額2億1500万ドル(約226億円)で契約延長に合意したのだ。平均年俸が3000万ドル(約31億5000万円)を超えたのは史上初。年平均では、あのアレックス・ロドリゲスをも上回ったことになる。

強化試合に挑む侍ジャパン 小久保監督の言葉から読み解くポイントは?(野手編)(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2011年、2013年と2度のサイ・ヤング賞に輝いた史上最高の左腕が誕生するまでの過程で、絶対に忘れてはいけない人物がいる。それはカーショーが心から慕うヤンキースの黒田博樹投手(38)だ。

 今やメジャーを代表する投手となった2人の親密な関係は広く知られている。出会いは2008年だった。広島からドジャースに移籍した黒田と、超有望株として開幕直後にマイナーから昇格してきたカーショーは、ともにメジャーでは“ルーキー”で、キャッチボールの時にパートナーを務めるようになった。

 当時、20歳だったカーショーは日本で豊富なキャリアを持つ黒田を尊敬し、黒田も若いながら類い希な才能を持つカーショーに一目を置いていた。そして、お互いに優れた人間性にも惚れ込んだ。黒田はカーショーについて「年下ですけど尊敬できるピッチャーですし、人間的にも素晴らしい。彼のルーキーと僕の1年目が重なったので、なんかすごく思い入れのある選手ですね」と話している。

 試合前のキャッチボールで必ずコンビを組み、黒田がブルペンに入る直前にはカーショーが捕手役になり、力の入った投球を座って受けた。右腕の球筋を確認して調子を確認し、さらに、そこから何かを吸収しているかのようだった。そして、黒田がブルペンに入ってからは後方で投球をジッと見つめ、自分に生かせるものを探していた。

人気記事ランキング