野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

剛腕・クレメンスが投げつけた伝説の「折れたバット」が競売に!?

ヤンキースとメッツの「サブウェイシリーズ」となったワールドシリーズで、ロジャー・クレメンスがマイク・ピアッツァに投げつけたバットが、オークションにかけられることになった。

full-count6

ピアッツァとクレメンスの因縁

 ヤンキースとメッツの「サブウェイシリーズ」となったワールドシリーズで、ロジャー・クレメンスがマイク・ピアッツァに投げつけたバットが、オークションにかけられることになった。米FOXスポーツが報じ、話題となっている。

 今でもメジャーファンの語り草となっている衝撃の出来事が起きたのは2000年のワールドシリーズ第2戦。ヤンキースのクレメンスの速球をメッツのピアッツァが打ち返したが、ファウルに。しかし、バットが折れて破片がクレメンスの体に向かって飛んでいった。これをつかんだ右腕は、一塁方向に走り始めていたピアッツァの方に向かって投げつけたのだ。これを機に両軍の選手がベンチから飛び出し、あわや大乱闘という場面に発展した。クレメンスは「ボールと勘違いした」と話したが、説得力に欠ける説明だとされている。

 これには伏線があった。以前から不仲がささやかれていた両者だったが、この年のレギュラーシーズンで対戦した際にクレメンスがピアッツァの頭部に死球をぶつけ、さらに不仲説に拍車をかけていたのだ。直後にピアッツァがクレメンスを強く批判していたこともあり、ワールドシリーズでの直接対決に注目が集まっていた。その中で行った“事件”だった。だからこそ、ファンの脳裏にも、深く刻まれている。

 折れたバットの破片は、当時のヤンキースのコンディショニング・コーチだったジェフ・マンゴールド氏が持ち帰り、家で保管していた。10年以上が経ち、オークションに出品することを決断。本物だという証明書も付いているという。

 マンゴールド氏は、取材に対し「私はこれを13年以上、保管していた。オフィスに置いてあり、ごく少数の人だけがそれを知っていたよ。でも、これはスポーツの歴史に残る記念的な品だと思ったんだ」と話している。

 バットは「ヘリテージ・オークション」で2月22日まで入札できる。昨年末には、レッドソックス世界一の象徴となったヒゲをデビッド・オルティスがオークションにかけ、約110万円で落札された。今度はどんな値が付くのか、注目が集まっている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング