野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • オープン戦初登板の田中将大を、辛辣なニューヨークメディアも高評価

オープン戦初登板の田中将大を、辛辣なニューヨークメディアも高評価

ヤンキースの田中将大投手(25)が1日のフィリーズ戦でオープン戦初登板を果たし、2回2安打3奪三振と上々のスタートを切った。大注目の右腕の“デビュー戦”に、辛辣なニューヨークメディアも高い評価を与えている。

full-count3

「マサヒロ・タナカがデビュー戦で輝きを放った」

 ヤンキースの田中将大投手(25)が1日のフィリーズ戦でオープン戦初登板を果たし、2回2安打3奪三振と上々のスタートを切った。大注目の右腕の“デビュー戦”に、辛辣なニューヨークメディアも高い評価を与えている。

 米ケーブル局ESPNニューヨーク(電子版)は「マサヒロ・タナカがデビュー戦で輝きを放った」と題し、その投球内容を伝えた。田中が5回に登場すると、大観衆からスタンディングオベーションで迎えられた様子を紹介。5回には94マイル(約151キロ)の直球でヘルナンデスを、6回には「有名な」スプリットでリビアを空振り三振に取ったことを詳しく記している。

 また、チームメートの称賛の声も紹介。この試合に先発したエースのCC・サバシアは、伝家の宝刀のあまりの落差に「あのスプリットは汚いよ」と最大限の賛辞を送っている。さらに、ジョー・ジラルディ監督も「彼は自分の仕事をやってくれる」と早くも信頼を寄せ、「次は先発させる」と明言したという。

 ニューヨーク・ポスト紙(電子版)も名物記者のジョージ・キング氏が現場で投球を見届けた。サバシア、黒田博樹との「三本柱」が6回を無失点リレーしたことを評価した上で、「田中の第一印象はポジティブだった」としている。

人気記事ランキング