野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 一歩間違えれば“地獄”行きも!? 田中将大のデビュー戦の相手は“日本人キラー”も擁する強力打線

一歩間違えれば“地獄”行きも!? 田中将大のデビュー戦の相手は“日本人キラー”も擁する強力打線

順調なスタートを切れるだろうか。ヤンキースの田中将大投手(25)が、4日(日本時間5日)にメジャーデビューを飾る。

ヤンキース

マー君の前に立ちはだかるブルージェイズ打線とは

 順調なスタートを切れるだろうか。ヤンキースの田中将大投手(25)が、4日(日本時間5日)にメジャーデビューを飾る。相手は同じア・リーグ東地区のブルージェイズ。敵地のトロント、ロジャース・センターでの一戦だ。近年は低迷しているが、打線には強打者を揃え、ツボにはまると怖い相手。過去には、黒田博樹、岩隈久志、ダルビッシュ有がホームランを浴びた“日本人キラー”のエドウィン・エンカーナシオンもおり、初勝利へ向けてハードルは高い。

 ブルージェイズファンには申し訳ないが、田中にとって朗報となるのは、1番打者のホセ・レイエスが開幕戦で負傷したことだろう。左太もも裏の張りで離脱し、故障者リスト入りした。2011年にメッツで首位打者に輝いたリードオフマンが打線から欠けていることは、間違いなくプラス材料だ。

 それでも、田中にとってメジャー初対戦となる打者が厄介な相手になることは間違いない。

 代わりに先頭に座るのはメルキー・カブレラ。スイッチヒッターのカブレラは2011年にロイヤルズで3割5厘と成績を残し、完全にブレークした。翌年にはジャイアンツで首位打者争いに加わりながら、禁止薬物使用で50試合の出場停止処分に。処分明けに試合に復帰すれば規定打席に到達していたが、その権利がないとして自ら出場を辞退。結局、1打席だけ足りなかったものの、3割4分6厘の高打率を残している。

 ただ、そのバッティングセンスに疑いの余地はない。レイズとの開幕戦では2番に入ったが、2戦目では早速、レイエスの代わりにリードオフマンを務め、マルチ安打を記録した。カブレラに出鼻をくじかれれば、メジャー初登板の田中の精神状態が乱れてもおかしくないだけに、きっちりと打ち取りたいところだ。

人気記事ランキング