野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • レッドソックスの上原浩治が右肩の張りで登板を回避

レッドソックスの上原浩治が右肩の張りで登板を回避

レッドソックスの抑えの切り札、上原浩治投手(39)が現地時間11日のヤンキース戦で右肩の違和感で登板を回避したことが明らかになった。ボストンの地元ラジオ局WEEI電子版が報じた。

レッドソックス

今季5試合無失点2セーブ

 レッドソックスの抑えの切り札、上原浩治投手(39)が現地時間11日のヤンキース戦で右肩の違和感で登板を回避したことが明らかになった。ボストンの地元ラジオ局WEEI電子版が報じた。

 4-2でヤンキースを撃破したレッドソックスだが、今季5試合無失点で2セーブを挙げている絶対的守護神の出番はなかった。上原は試合前のキャッチボール中に右肩に張りのようなものを訴え、コーチに登板回避を申し出たという。

 レッドソックスのジョン・ファレル監督は「彼にとって最良の選択をした。あくまで念のため。1日ごとに状態は変化すると思うので、明日の起用が可能かどうかチェックするつもりだ」と語ったという。

 登板回避となった上原の代わりに、今季カージナルスから加入したエドワード・ムヒカ投手が9回裏をピシャリと抑えた。チームは現状ではMRIなどの精密検査などを予定していないが、上原はレンジャーズ時代の2年前に右広背筋の負傷で2カ月以上戦線を離脱していた過去がある。

 昨年のワールドシリーズ制覇の原動力となった上原が長期離脱することになれば、悲願の連覇に黄色信号が灯りかねない。大きな故障でないことを願いたいところだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング