野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 今後増加していく元プロ選手の高校野球指導 そのメリット、デメリットは?

今後増加していく元プロ選手の高校野球指導 そのメリット、デメリットは?

プロ野球に従事した者の学生野球資格回復の制度が今年1月から変わった。プロ側の日本野球機構とアマ側の学生野球協会の研修を修了し、認定されれば、母校に限らず、高校を指導することが可能になった。

プロ・アマ雪解けとも取れる試み

 プロ野球に従事した者の学生野球資格回復の制度が今年1月から変わった。プロ側の日本野球機構とアマ側の学生野球協会の研修を修了し、認定されれば、母校に限らず、高校を指導することが可能になった。

 これまでは2年以上の学校勤務が必要との規定があったが、大幅に緩和された。各都道府県の高野連のサイトに資格回復した者、その中でその都道府県に希望を出した者の一覧が掲載されている。プロ・アマの雪解けとも取れる試みとも言われている。

 すでに西武などで活躍し、ロッテなどで打撃コーチも務めた経験のある金森栄治氏が故郷の石川・金沢の金沢学院東高校で監督に就任。4月1日から指導を行っている。

 元横浜ベイスターズの外野手だった田中一徳氏が千葉・拓大紅陵の監督就任も一部で報じられた。そのほか、北海道の北照高校には元ヤクルトの松岡弘氏が臨時コーチに就任するなど、今後もどんどん増えていきそうだ。

人気記事ランキング