野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中日に現れた新星 世代の「BIG3」と言われた濱田達郎のこれまでを振り返る

中日の若き左腕、濱田達郎投手(19)が7日のナゴヤドームの阪神戦でプロ初先発となるマウンドに上がり、初完封を飾った。先発予定だった川上憲伸投手(38)が腰を痛めて、登板を回避したため、いきなり巡ってきたチャンスを生かした。

中日

プロ初先発のマウンドで初完封を成し遂げた濱田

 中日の若き左腕、濱田達郎投手(19)が7日のナゴヤドームの阪神戦でプロ初先発となるマウンドに上がり、初完封を飾った。先発予定だった川上憲伸投手(38)が腰を痛めて、登板を回避したため、いきなり巡ってきたチャンス。その大一番で快挙を成し遂げた。

 この濱田という選手の同世代には2人の代表的な投手がいる。日本ハム・大谷翔平と阪神の藤浪晋太郎だ。花巻東高校の大谷、大阪桐蔭の藤浪、愛工大名電の濱田。同い年の彼らは「BIG3」と呼ばれ、高校時代から注目を浴びていた。大谷と藤浪はセンバツの1回戦から直接対戦し、プロ入り後も注目が集まったが、濱田はこれまで、どのような高校時代とプロ生活を歩んできたのだろうか。

・高校時代の特徴

 1年生の秋からベンチメンバー入りし、背番号は1。愛工大名電の大先輩でもある工藤公康氏の再来とまで言われた。140キロ中盤から後半の直球に、スライダーとカーブを操る。当時から牽制がうまい投手と評判だった。藤浪や大谷は即戦力として見られていたが、濱田は潜在能力の高さを評価されていた。

・3年春のセンバツ

 前年秋の明治神宮大会を決勝まで1人で投げ抜いて、準優勝を果たしたことで、注目選手の1人となった。迎えた春の甲子園では初戦の宮崎西高校戦で無四球完封勝利。愛工大名電は2回戦で大阪の履正社に勝ったが、準々決勝で明治神宮大会でも敗北を喫していた青森の光星学院に敗れた。この時の敵チームには北條史也(阪神)、田村龍弘(ロッテ)がいた。彼ら2人の前に敗れたが、存在感を示した。

人気記事ランキング