野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 緊急降板のメッツ・松坂大輔 今後の起用法は果たして?

緊急降板のメッツ・松坂大輔 今後の起用法は果たして?

メッツの松坂大輔投手は15日のニューヨークでのパドレス戦で4勝目をかけて先発のマウンドに上がったが、試合の2時間ほど前から発症した吐き気と腹痛がおさまらず、1イニングを投げるのが限界だった。松坂は今後、どういう起用方法になっていくのか。

full-count3

調整の意味も含め、次回は中継ぎでの登板も

 メッツの松坂大輔投手(33)は15日(日本時間16日)のニューヨークでのパドレス戦で4勝目をかけて先発のマウンドに上がったが、試合の2時間ほど前から発症した吐き気と腹痛がおさまらず、1イニングを投げるのが限界だった。2回以降を3人の投手がつなぎ、チームは3-1で勝利した。

 主力投手の怪我や、期待の若手の不調によるマイナー落ちなどで、リリーフで結果を残してきた松坂に6月に入り、先発ローテの座が巡ってきた。6月10日のブルワーズ戦では6回3安打1失点という粘りのピッチングで勝利を収めた。ただ、ローテーションに定着したわけではなく、今は1試合1試合が勝負。そんな重要な時期を過ごしている最中に不慮のアクシデントが起きた。

 では、松坂については今後、どういう起用方法になっていくのか。コリンズ監督は試合後、「ダイスケには明日の様子を見て、リリーフで投げてもらうかもしれない」と中継ぎ待機を命じた。16日からのカージナルス戦でリリーフ登板をさせる可能性があるというのだ。ただ、これは再び中継ぎへの配置転換を意味するのではない。

 松坂の降板後、カルロス・トーレスが4回、ヴィック・ブラック、ヘンリー・メヒアがそれぞれ2回ずつを投げた。メッツは現在、6月10日から22日までの13連戦の最中でこの日のパドレス戦が6試合目。できるだけ中継ぎ投手を酷使したくない状況にある。そのため、この日17球しか投げていない松坂に調整の意味も含め、登板させようという考えがあるのだ。

人気記事ランキング