野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島が巨人との直接対決初戦を制する マエケンが8回無失点の好投で11勝目

広島が巨人との直接対決初戦を制する マエケンが8回無失点の好投で11勝目

セ・リーグの首位決戦が広島の本拠地・マツダスタジアムで始まった。大事な3連戦の初戦を任された広島エース・前田健太が、巨人打線を8回無失点に封じ、11勝目をあげる好投を見せた。4-0で広島が勝ち、ゲーム差を4に縮めた。

広島カープ

巨人は2戦連続完封負けでマジックは12のまま

 セ・リーグの首位決戦が広島の本拠地・マツダスタジアムで始まった。大事な3連戦の初戦を任された広島エース・前田健太が、巨人打線を8回無失点に封じ、11勝目をあげる好投を見せた。4-0で広島が勝ち、ゲーム差を4に縮めた。

 広島打線は巨人の先発・杉内を序盤で攻略した。2回に4番・ロサリオのホームランで先制。エルドレッドの四球、新人・田中がヒットでさらに攻め続け、石原がレフトへタイムリー。レフトは守備の名手・亀井だったが処理に手間取り、2点が加わり、この回、広島は3点を奪った。

 5回にも堂林が2塁打、続く菊池がタイムリー2塁打を放った。

 反撃したい巨人だったが、気合いの入ったマエケンのピッチングに手が出ない。5回まではノーヒットに抑えられた。6回に片岡がチーム初ヒットとなる2塁打で出塁も後が続かなかった。巨人のチャンスらしいチャンスはこの場面と初回の橋本の四球と盗塁で作った1死2塁くらい。マエケンは8回2安打無失点と、今季のベストピッチといっていい内容だった。

 最後はミコライオが1軍復帰したアンダーソンにヒットを打たれたが、無失点で切り抜けてゲームセット。逆転優勝に望みをつなげた。杉内は6敗目(9勝)で巨人の優勝マジックは12のまま。前夜のDeNA戦に続く、巨人打線は完封負けとなった。残り試合を考えればまだ巨人に分はあるが、全く当たりのなかった上位打線が心配される。

 16日の先発は広島は野村(7勝6敗)、巨人は菅野(10勝5敗)。明治大学、東海大学と大学時代のライバルで友人でもある若き右腕対決。明日も目が離せない戦いになりそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング