野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックスがT-岡田の逆転3ランで日本ハムを下す!

オリックスがT-岡田の逆転3ランなどで6-4で日本ハムを下し、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージを1勝1敗の五分に戻した。明日、ファイナルステージへの進出チームが決まる。

20141012_okada

シーソーゲームを制したオリックス

 オリックスがT-岡田の逆転3ランなどで6-4で日本ハムを下し、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージを1勝1敗の五分に戻した。明日、ファイナルステージへの進出チームが決まる。

 ファイナルステージ進出を賭け、オリックスはディクソン、日本ハムは上沢が先発のマウンドに登った。

 1回表、いきなり試合が動く。日本ハムは先頭の西川がヒットを足がかりに、2死1、2塁のチャンスを作ると、5番小谷野がライトへ2点タイムリーツーベースを放つ。小谷野が「みんながつないで打席を回してくれたので、みんなと同じつなぐ気持ちでいこうと思いました。今日は上沢が先発だから早く点をとって楽にしてあげたいという話をみんなでしていた所なのでその通りの展開になりましたね」と語ったとおり、日本ハムは幸先良く2-0とリード。

 日本ハム先発の上沢は好調な立ち上がり、5回終了まで一人のランナーも許さない完璧なピッチングを見せるが、6回裏、1死から駿太が四球を選び、オリックスはこの試合初めてのランナーを出す。伊藤が犠打で送り2死2塁とすると、原拓也がセンターへタイムリーヒットを放ち、オリックスがこの試合初めてのヒットで1点を返す。

 1点差に迫られた日本ハムは7回表、先頭のミランダがライトスタンド上段へ突き刺さるホームランを放ち、すぐに引き離す。ミランダは「打ったのはスライダー。完ぺきに振り抜けた。1点返された直後に打てたのは大きいね」と語った。日本ハムはその後1死満塁とさらにチャンスを広げたが、陽、中田が連続三振で絶好の得点機を逃してしまった。

 後がないオリックスは7回裏、先頭の糸井がヒットで出塁、2死から川端がライトへツーベースを放ち2死2、3塁のチャンスを作る。日本ハムは好投の上沢をここで諦め、クロッタがマウンドを送る。ここでオリックスはヘルマンが初球を叩くと、打球は左中間を破る2点タイムリーツーベース。オリックスが同点に追いつく。

 8回表、オリックスのマウンドには馬原。1死から近藤はショートへのゴロを放つが、安達がまさかの悪送球で近藤は2塁まで進む。ミランダが敬遠気味の四球で歩くと、日本ハムベンチは大引の代打に稲葉を送る。稲葉は外角のボール気味のフォークボールを右手一本で拾うと、打球はセンター前へ。駿太も素晴らしいバックホームを見せるが、近藤が巧みなスライディングで一歩早くホームを踏み、日本ハムが勝ち越しに成功。日本ハムはさらに2死満塁とチャンスを広げるが、馬原が粘り中島卓を見逃し三振に打ち取り、試合は4-3で日本ハムが1点リードで終盤へ。

 8回裏、日本ハムのマウンドには谷元。同時にキャッチャーも大野へ代わる。オリックスは1死から原拓と糸井の四球で2死1、2塁のチャンスを作る。迎えるバッターは、この試合3三振と良いところのない4番T-岡田。T-岡田はカウント1-3から真ん中低めに入ったストレートを強振。打った瞬間にそれと分かる、逆転の3ランホームランが右中間スタンドへ飛び込み、オリックスが6-4とこの試合初めてリードを奪う。

 オリックスは9回表を守護神・平野佳が締め、CSファーストステージを1勝1敗の五分に戻した。


オリックス対日本ハム ダイジェスト【パ・リーグTV】

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング