野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

劇的サヨナラ打のソフトバンク吉村、「走りすぎて頭が痛いです」

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦でソフトバンクを劇的サヨナラ勝利に導いた吉村が試合後のヒーローインタビューで満面の笑みを浮かべた。

20141015_yoshimura

「最高に気持ちよかった」

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦でソフトバンクを劇的サヨナラ勝利に導いた吉村が試合後のヒーローインタビューで満面の笑みを浮かべた。

 1-2で迎えた9回裏の攻撃。崖っぷちに立たされたソフトバンクは1死2、3塁と好機を作った。一打逆転の場面で打席に立ったのは吉村。増井の投じた低めのボールをはじき返すと、打球はセンターオーバーのタイムリーツーベースに。3-2とあわや黒星の試合をひっくり返した。

 打った瞬間について吉村は「初球の真っ直ぐにがっついちゃったんで、2球目、しっかり自分のスイングでジャストミートできました」と振り返り、「最高に気持ちよかったので、普段あんまり走らないので、走りすぎて頭が痛いです」と歓喜のコメント。「アドバンテージがついているといっても相手に勢いがありますし、この1勝が大事だったので、ファンの皆さんと勝利が取れて本当に良かったです」と話した。

 秋山監督が今季限りでの辞任を表明していることもあり、「本当に僕はホークスに来て2年目ですけど、強いホークスを作った方なので、そこの仲間に入れてもらって、野球をできて感謝しています」。この勢いでCSファイナル突破、日本一へと突っ走る。


吉村裕基のサヨナラ打【パ・リーグTV】

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング