野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人、澤村の危険球退場から阪神が猛攻 CSファイナル2連勝!

巨人、澤村の危険球退場から阪神が猛攻 CSファイナル2連勝!

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第2戦で阪神が巨人を5-2で下し、2連勝を飾った。先発の岩田が7回6安打6奪三振2失点と好投。リーグ優勝の巨人に与えられているアドバンテージを合わせ、阪神の2勝1敗。阪神がG倒へ、一歩前進した。

巨人

先発岩田が7回2失点、打線はファイナルステージ2試合で9得点

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第2戦で阪神が巨人を5-2で下し、2連勝を飾った。先発の岩田が7回6安打6奪三振2失点と好投。リーグ優勝の巨人に与えられているアドバンテージを合わせ、阪神の2勝1敗。阪神がG倒へ、一歩前進した。

 巨人の先発は澤村。1回表、阪神先頭の西岡のライト前に抜けそうな当たりをこの日、ファーストに入った阿部がファインプレー。飛び付いて捕球し、アウト。澤村はバックの好守備にも助けられ、立ち上がり無失点に抑えた。

 しかし3回表、澤村は1アウトからピッチャーの岩田に四球を出してしまう。西岡の三遊間の打球にサードの村田が食らいつくが、グラブに収まらず内野安打。阪神は1、2塁から上本のセンター前タイムリー、鳥谷のライト前タイムリーで2点を先制した。その裏、巨人も岩田を攻めて、1アウト満塁のチャンスを作ったが、橋本がセカンドゴロゲッツーで無得点に終わった。

 5回表、澤村がノーアウト1塁から上本に頭部死球を与え、場内は騒然。右腕は危険球退場となり、予期せぬ降板となった。巨人は捕手の小林も代え、ファーストから阿部がマスクをかぶり、久保が2番手でマウンドに上がった。ファーストにはロペスが入った。しかし、阪神打線は止まらない。無死1、2塁で鳥谷が代わった久保の初球をとらえ、センター前タイムリー。ゴメスの三振の後、マートンがレフトへ2点タイムリーを放ち、5-0とした。

 7回裏の攻撃で巨人もようやく反撃に出る。先頭の村田がレフト前ヒットで出塁。続く井端がレフトスタンドに2ランホームランを叩き込み、その差を3点に詰めた。

 8回、阪神は巨人4番手の青木を攻め、2死から大和がセンター前にヒット。ここで岩田の代打で登場した新井良がライト前に弾き返し、1、2塁とチャンスを広げる。ここで阪神は新井良に代え、坂を代走に送る。一方の巨人は青木が降板、西村がマウンドへ。このピンチは西村が坂を牽制で刺して切り抜けた。

 阪神は8回から福原が登板。先頭の亀井が放った右中間への大飛球に、大和が好守を見せて1アウト。巨人は続く坂本が死球で出塁するも、阿部のファーストライナーでダブルプレーに。

 9回はクローザーの呉昇桓(オ・スンファン)がマウンドへ上がり、リードを守り抜いた。前夜に初のCSファイナルステージで初白星を挙げたチームはこれで2連勝。CSファーストステージ2試合で1得点のみだった打線は2試合で9得点と勢いに乗っており、このままファイナル突破へ突き進む。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング