野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • 果たして日本人選手の来季はどうなる? 米移籍情報サイトがFA選手の去就を分析

果たして日本人選手の来季はどうなる? 米移籍情報サイトがFA選手の去就を分析

今オフ、フリーエージェント(FA)となった選手の報道が米国で加熱している。米3大ネットワーク、CBSスポーツの電子版やMLB公式サイトなどが有力FA選手を紹介。ランキング形式で特集されている記事の中では日本人選手の名前も複数登場している。

20141102_kuroda

FA選手の去就報道が過熱する米国

 今オフ、フリーエージェント(FA)となった選手の報道が米国で加熱している。米3大ネットワーク、CBSスポーツの電子版やMLB公式サイトなどが有力FA選手を紹介。ランキング形式で特集されている記事の中では日本人選手の名前も複数登場している。

 そんな中、米移籍情報サイト「MLBトレード・ルーマーズ」が毎年恒例のFA選手の去就を分析。読者からも予想を募りつつ、トップ50の選手を挙げて現状と来季の動向を予測している。

 日本人で最初に出てくるのは12番目に登場する広島の前田健太投手だ。

 前田に関してはポスティング・システムを利用してメジャー挑戦に踏み切るか否かはいまだ不透明な状況だが、記事では契約先の有力球団として「アストロズ」を挙げ、「(来季)27歳の前田は日本からの次なる大物だ。右投げの先発投手は11月に広島カープからポスティング・システムを使用されると期待されている。ポスティング料の上限、2000万ドルに複数のチームが達し、それらの球団で公開入札が行われるだろう。昨年、田中の獲得に失敗したチームであるアストロズは、3大先発にコストをかけるより、前田を彼らのローテーションに引き入れうるだろう」と分析。

 また、「アービン・サンタナの項で挙げられたチームのほとんどがここでも可能性を持っている」とし、レッドソックス、ヤンキース、ツインズ、マリナーズ、レンジャーズ、カブス、パイレーツ、ダイヤモンドバックス、ロッキーズ、ジャイアンツなども獲得に動く可能性を指摘している。

人気記事ランキング