野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日米野球を戦うMLB指揮官が日本選手の“スカウティング”に意欲!?

日米野球のMLBオールスターチームを率いるレッドソックスのジョン・ファレル監督が、日本選手の“スカウティング”に意欲を見せた。

レッドソックス

MLBチームを率いるのはレッドソックスのファレル監督

 日米野球のMLBオールスターチームを率いるレッドソックスのジョン・ファレル監督が、日本選手の“スカウティング”に意欲を見せた。MLB公式サイトが渡米直前のチームを取材した特集記事の中で、昨季、レッドソックスを世界一に導いた指揮官の意気込みを紹介している。

 侍ジャパンとの対戦を控え、MLBオールスターチームはロサンゼルスのドジャースタジアムで練習を行った。取材に応じたファレル監督は、日米野球での大きな目的について以下のように明かしている。

「日本のベストプレーヤーを直接見られることを楽しみにしている。彼らは世界の舞台でとてつもないものを見せてきたからね。とてもいいチームだということは知っている。すべてのプレーヤーを見ることを楽しみにしている」

 侍ジャパンは、第1、2回のWBCを連覇するなど、国際舞台で明確な結果を残してきた。指揮官はその実績に敬意を払いながら、“スカウティング”にも意欲を見せているのだ。

 レッドソックスには現在、上原浩治、田澤純一の両右腕がいる。ブルペンに欠かせない存在で、昨季の世界一の立役者だった。さらに、投手コーチ時代には、松坂大輔や岡島秀樹らの指導にもあたっており、日本人選手の能力の高さは十分に理解している。

 昨季は世界一に輝きながら、今季は地区最下位に沈んだレッドソックス。巻き返しに向けて、今オフは駒不足となっている先発投手の獲得が大きなテーマだ。ポスティングシステムでのメジャー挑戦の可能性がある広島の前田健太やオリックスの金子千尋は、すでにチームが本気で獲得を狙う存在として、地元メディアに名前を挙げられている。

人気記事ランキング