野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 【米国はこう見ている】今も語り継がれる、イチローがメジャーの歴史を変えた“記念日”

【米国はこう見ている】今も語り継がれる、イチローがメジャーの歴史を変えた“記念日”

ヤンキースからフリーエージェント(FA)となったイチロー外野手の快挙は、今後も忘れられることはないだろう。11月19日、そして11月20日。この2日がメジャーの歴史を変える“記念日”だったということが、米国内でも語り継がれている。

「マリナーズは象徴的存在のイチローとサインした」

 ヤンキースからフリーエージェント(FA)となったイチロー外野手の快挙は、今後も忘れられることはないだろう。11月19日、そして11月20日。この2日がメジャーの歴史を変える“記念日”だったということが、米国内でも語り継がれている。

 今月19日、メジャーの歴史的な出来事にスポットを当てるツイッターアカウント「MLBマイルストーン」に、ある一文が投稿された。

「2000年のこの日、マリナーズが(チームの)象徴的存在のイチローとサインした」

 イチローがオリックスからポスティング・システム(入札制度)でのメジャー移籍に踏み切ったのは2000年オフ。すでにプロ野球史上最高の打者として地位を築いていただけに、安打製造機の新たな挑戦は日本で大きな注目を集めた。その反面、初の日本人野手に対する米国人には、冷めた見方も少なからずあった。

 マリナーズとイチローの間で結ばれたのは総額1400万ドルの3年契約。日本人野手がどこまで通用するのか。米国でも安打を量産できるのか。圧倒的なパワーを持つメジャーの強打者たちの中で、イチローは存在感を発揮できるのか。日本、そして米国で期待と不安が渦巻く中、イチローがこの日から新たなスタートを切った。

 そして、その答えは1年後に明確な形で出ることになる。

 今月20日、「MLBマイルストーン」は新たに一文を投稿した。

「2001年のこの日、イチローは同じシーズンにMVPと新人王を獲得したMLB史上2人目の選手になった」

 マリナーズと契約後、注目の中で1年目のシーズンに望んだイチローは、驚異的な活躍でメジャーを席巻した。リーグトップの242安打を放ち、打率3割5分で首位打者を獲得。盗塁王(56個)にも輝き、不動のリードオフマンとしてチームを牽引した。

 マリナーズは快進撃を続け、メジャータイ記録となるシーズン116勝を達成。プレーオフはリーグ優勝決定シリーズでヤンキースに敗退したものの、レギュラーシーズンでの強さは際立っていた。その立役者は間違いなくイチローだった。

人気記事ランキング