野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • パでは6年ぶり なぜ王者ソフトバンクからMVPが選出されず?

パでは6年ぶり なぜ王者ソフトバンクからMVPが選出されず?

セは菅野智之投手(巨人)、パは金子千尋投手(オリックス)が初受賞。パのMVPがリーグ優勝チームから選ばれなかったのは西武が優勝した2008年以来、6年ぶりのことだ。

full-count11

パでリーグ優勝チームからMVP選出がなかったのは08年の西武以来

 プロ野球セ、パ両リーグが26日に2014年シーズンのMVPを発表したが、今季3年ぶり6度目の日本一に輝いたソフトバンクホークスからはMVPの選出はなかった。セは菅野智之投手(巨人)、パは金子千尋投手(オリックス)が初受賞。パのMVPがリーグ優勝チームから選ばれなかったのは西武が優勝した2008年以来、6年ぶりのことだ。

 2008年は楽天(現マリナーズ)の岩隈久志投手が21勝4敗、防御率1.87と圧倒的な数字を残し、投手のタイトルを総なめにしたシーズンだった。

 MVPは記者投票によって決まる。記者は3人を選出。1位に5点、2位には3点、3位に1点が与えられ、総得点で争われる。優勝した西武は岸孝之が12勝4敗の好成績。おかわりくんこと中村剛也も46本塁打で初の本塁打王に輝いたが、投票数は届かなかった。それだけ岩隈の成績にはインパクトがあった。

 一方、今年の優勝したソフトバンクは打者では3割打者が5人(柳田、中村、内川、李、長谷川)もいた。しかし、チームトップの柳田は3割1分7厘でリーグ3位。上位2人の糸井(オリックス)、銀次(楽天)は最後まで首位打者を争った。

人気記事ランキング