野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローの移籍先にホワイトソックスが急浮上 「まだ生産性のあるプレーヤー」

イチローの移籍先にホワイトソックスが急浮上 「まだ生産性のあるプレーヤー」

ヤンキースからフリーエージェント(FA)となったイチロー外野手の移籍先に、ホワイトソックスが急浮上している。米情報サイトの「ファンサイデッド」が、左翼手のレギュラーの補強候補として名前を挙げた。

20140910_ichiro

米情報サイトが左翼のレギュラー候補に挙げる

 ヤンキースからフリーエージェント(FA)となったイチロー外野手の移籍先に、ホワイトソックスが急浮上している。米情報サイトの「ファンサイデッド」が、左翼手のレギュラーの補強候補として名前を挙げた。

 記事では、ホワイトソックスが2015年シーズン開幕前に解決しなければいけない問題として、左翼手の状況を指摘した。2012年から主にダヤン・ビシエドがレギュラーを務めているが、今季は打率2割3分1厘、21本塁打、58打点で出塁率2割8分1厘だった。

 ホワイトソックスのリック・ハーンGMは、チームをアスリート的なチームにしたいと望んでおり、ビシエドはそれに当てはまらないという。記事では、ビシエドのトレードの可能性も指摘。そのまま代わりの人材を確保するのは難しいが、ビシエドを放出して若い投手を獲得することはできるとしている。

 まず補強候補に挙がっているのは、ブルージェイズからFAとなったコルビー・ラスマス。守備も堅実で、ビシエドよりも運動能力が高いとしている。今季は打率2割2分5厘に終わったが、ホワイトソックスをアップグレードさせてくれる存在だという。

 ただ、記事では「大きな懸念は、契約の額と年数になるだろう」とも言及。大きな契約となれば、ホワイトソックスは手を引く可能性が高そうだ。

 そして、2番目に名前が挙がったのがイチローだ。

人気記事ランキング